整列乗車の戦い

整列乗車の戦い

駅のホームには停車列車のドア位置が示されている。

そしてアナウンスなどで整列乗車をお願いしている。

多くは2列でお待ち下さいと行っているが、中には3列もある。

 

3retu.jpg「お降りの方が降りてからご乗車ください」と行っているにも関わらず、必ず降りる客などお構いなく乗り込むおばさんや若い人がいるものです。

中には持っている鞄で降りる客を牽制する輩(やから)さえいる。

現代社会では、自分さえ良ければそれでよいとする風潮が蔓延している。あきらかに成果主義の影響だろう。

 

後れを取るのは本人のせいだとする、先に乗り込んだ物の勝ち、座りたければ、いち早く乗り込め、早く降りたければドア側を確保しろ。

よく見かけるのは、2列乗車のホームで、先頭に一人で立つおばさんだ、立ち位置が目印の真ん中で立っているから、このおばさんだけが一人で後後ろが2列である。

たまに乗る人がこのおばさんの横に並ぶと必ず嫌な顔でにらまれるのです。

「私が一番よ」と言わんばかりです。

そして乗り込むとその場のドア横で立ち止まるので後ろから乗り込む他のお客が困ってしまうのです。

このおばさんが先頭で並んでいると、この乗車口は何故か並ぶ人が減るのであった。

時折、3列にお並びくださいとアナウンスする駅がある。

これが問題である、2列の場合は、ドアを挟んで左右に分かれるが、3列は別れにくい・・

そんなことを話すと鉄道関係の方が教えてくれたのは、全く違う並び方だった。

乗車位置を示す場所は、列車が正しく停車するとドアの場所から少しずれるようにかかれているらしい。

 近鉄奈良線の乗車位置表示

sayuujyousya.jpg 

つまり列車が止まると並んだ人たちは自然にドアの横に並んだことになるらしい。

しかし、この事で鉄道会社に苦情を言った利用者が大勢いるらしい。

「電車がドア位置に止まらない」「ちゃんと正面に止めろ」と

困った物である、正面になったおかげで、降りようとしてもドアが開くと乗車しようとする客と対面することになってしまったのです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*