通勤電車の女の子

通勤電車の女の子同じ駅から同じ時間帯に、電車に乗り続けて十数年。

思えば最初の頃の乗客はどうなったのだろう。

この駅を利用し始めて、最初から見かけた学生さんがいた。

お下げ髪の制服から中学生だったろう。

一つ目の駅でいつも降りていた。

いつしか、駅に向かう横断歩道でも見かけるようになり、帰宅時にはクラブ活動で遅くなったのか友達とはしゃぐ姿もみた。

試験日のころには電車の中で参考書を広げてる姿もありました。

やがて制服が替わり降りる駅も変わった、高校生になったのだ。

同じ乗換駅で乗り換え特急で二つ目で降りる。こんな通勤風景がしばらく続いたが、数年後にはついに見かけなくなった。遠くの大学へ行ったのだろうか時間が変わったのだろうか。

そして、いつしか忘れてしまっていた。

ある日の日曜日、駅に向かう道でよく似た人を見かけた。
そうだあの学生さんだ、立派なお嬢さんになっている。

就職したのかな、お休みだしデートかもしれない。実家がこの町だろうしまだ住んでいるのだろう。

見かけなくなって十数年が過ぎた頃、久しぶりに家族連れの中に、小さな子供をだっこしている、その人を見つけた。

結婚したんだ。そして実家に遊びに来たんだろう。

あのお下げ髪で寒い日にほっぺを真っ赤に染めてた、クラブ帰りでジャージ姿の中学生が、十数年を経て今、結婚し妻となり母となっていた。

私はいつもと変わらず、同じ電車で同じ会社へ通っている。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*