光プレミアム・ホームからマンションタイプへ変更

光プレミアム・ホームからマンションタイプへ変更

我が家のインターネット回線は、現在光プレミアムです。マンションに入居した当時はADSLでした。住民の方々がインターネットをする人が少なく、マンション単位での光回線化の同意が得られなかったので単独で光りを引き込んだのです。

それから10年たってやっと住民の多くが賛成してNTTのマンションタイプ(VDSL)とau光マンションタイプV(VDSL)が開通しました。

私は当然単独で引き込んだ光ケーブル利用なので効率は良いのでVDSLには変えていませんでした。

 

しかし、この不景気とはあまり関係ないのですが、今年から会社の規則で55歳を超えると、手当が毎年減額されることになり、毎年月額二万円減っていきます。年間にして20万円位以上の減給です。仕事量は逆に増えて、ノルマも55歳未満と差がある訳じゃありません。

いわゆる年齢差別って言う奴です。なんでも年を取ると頭が硬くなる(そうですね)、仕事の能力も落ちる(そうかな)らしいですが役員は違うそうです。自分たちは優秀なので頭も硬くならず能力も落ちないようなのです。(?_?)

で愚痴っても収入が増えるわけではないし、頑張って優秀な成績を上げても関係なく収入が減るわけで、対策を考えないと大変なことになります。

そこでNTTの光プレミアム・ホームタイプをあきらめて、auひかりのマンションVタイプ(VSDL)に変更することにしました。理由は、月額コストの低減です。

現在の料金は

 with フレッツ 6,170円  機器レンタル料 300円

切り替え後

auひかり+電話 4,515円 

IP電話は解約です。

少しでも支払うお金は少ない方が良いですよね。

インターネットを、auに切り替える事で、今後の予定は、携帯電話をドコモからauへ切り替えて、au請求まとめ契約にします。

そうすると、携帯への電話もかなり安くなります。

仕事に使うからと何故かドコモでしたが、今ではあまり関係ないですね。

それに、頭が硬くなって業務能力が下がった社員に仕事上であまり重要な電話など無いはずです。(ひがみが出てる(^_^;))

若干ですが電気代も下がる予定です。

現在の光り関連機器は、ONU、CTU、VoIPアダプタとNTT機器が3台有りますが、auひかりでは、ホームゲートウェイという機器が1台だけになります。コンセントが1つだけですむので配線関係もすっきりします。

10年以上前まで家のパソコンで仕事が出来るようにしてましたが、2年ぐらい前にパソコンを買い換えたときに、仕事関係の環境を入れませんでした。

OS64ビット対応で仕事関係のソフトが対応していない物ばかりだったからですが。

VDSLは一時期に岡山で単身で居たときにNTTのVDSLを使いましたが、やはり登りに厳しい面がありました。速度はやはり差がありますが、時間を掛ければいいわけで、FTPのアップロードぐらいですね。

特に時間がかかるのはMovableTypeのバージョンアップなどで結構沢山のファイルをレンタルサーバにアップロードしますがこれが今でも時間がかかります。

 

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*