AQUOS PHONE 省エネ待受設定(ISW16SH)その2

AQUOS PHONE 省エネ待受設定(ISW16SH)その2

Webで紹介されている方法を色々試したけれど、まり効果が出ないので、パソコンのパフォーマンス対策の基本と同じで、携帯のリセットを行うことにしました。

念のためSDへバックアップを取り、各種IDを控えアプリは、Googleで管理されてるので大丈夫。

問題は、ウイルスバスターは10月6日が期限切れなので、新規にダウンロードで30日有効なのでぎり大丈夫、

ATOKは、購入済みでなんとかOK

 

リセットは、設定ーオールリセットーオールリセットで綺麗にOSがリセットされます。

各種パスワードがリセットされています。再度設定する必要が有ります。初期値の戻るのでマニュアルなどで確認です。

GoogleやauのIDも再設定です。

登録が必要なアプリも再度登録し直しです。同じメールアドレスで登録しないと継続されないようです。

再起動したら、一番最初にやることは、使わないアプリを削除、または無効化します。

各種設定前にやらないと、後では無効化できないものもあるようです。

このへんは井かを参考に

Android ISW16SHに入れたアプリ、無効にしたアプリ

ISW16SH~カスタマイズの続き~
ISW16SH~カスタマイズの続き2~
ISW16SH~カスタマイズの続き3~

軽くなったところで、必要なアプリをダウンロードします。

今回は3ラインホームは使うのを止めて、Apex Launcher を使う事にしました。

結構軽くなりました。

これで今のところ 1.5倍弱長持ちしています。

携帯のオールリセットはパソコンのクリーンインストールのようには行きません、メーカアプリは消えますが、キャリア(私の場合au)のプレインストールアプリが復活します。

これも最低限残して無効化です。

あまりアプリは入れない方が良いですね、特に無料のアプリは、広告のために必ず定期的にインターネットに接続します。

画像や音楽、動画はいくら入れてもバッテリ問題やパフォーマンスには影響しません。

ただし本体の空き容量を圧迫するのは御法度です。あくまで追加SDへ保存します。

3ヶ月間悪戦苦闘して、たどり着いたのがオールリセットでした。

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.