マルナカがイオンの子会社になって悪くなった

マルナカがイオンの子会社になって悪くなった

家の近くにスーパ・山陽マルナカがあって安くて品揃えも独特で良かったのですが、イオンが子会社にしてから、価格も以前ほどメリットも無くなり、品揃えも平凡になってしまったようだ。

レジも変わり従業員(パート)もほとんどが変わってしまった。大企業の改革でしょうか、マルナカファンが減り続けている。

遠くからでも安いとか、マルナカにあれがあるとの思いが無くなり、別にマルナカで無くても良いといったイメージになりつつある。

いまは、家から近いと言うだけで買い物に出かけるが、時には万代などへ遠出することも出てきた。

独自性の無くなったお店に魅力は陰りを見せている。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.