あべのハルカス

あべのハルカス

大阪の新しいランドマークができました。梅田やミナミだけでは無いですよ。あべの(阿倍野)です。周辺は歴史あるエリアです。阿倍野の名前は安倍晴明とも通じます。北側には四天王寺、天王寺公園や動物園、難波との間には、通天閣のある新世界があります。

『あべのハルカス』は、近畿日本鉄道の前身である大阪鉄道が1937年より営業を行ってきた旧館(百貨店西館)の建替え計画であり、建築規模は高さ300m、延床面積21万2000平方メートル、地上60階・地下5階(SRC・S造)である[1]。2014年3月の竣工を予定している。工事中であるが、2012年8月時点で300メートルに到達し、横浜ランドマークタワー(高さ296m)を抜き、21年ぶりに「日本一高いビル」の称号が移る事になった。

あべのハルカス



大きな地図で見る

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください