年金から天引き、実際貰える金額は少ない

年金から天引き、実際貰える金額は少ない

年金

年金から天引きされるもの 以前は、年金から引かれるものは所得税だけでしたが、平成12年に”介護保険制度”が始まり、 65歳以上の人の介護保険料は年金から天引きとなりました。 さらに、”後期高齢医療制度”が始まり、75歳以上の医療保険料は年金から天引きとなりました。 そして、平成22年から”個人住民税”の天引きも始まりました。また、65歳以上75歳未満の人で、”国民健康保険”に加入している人は、国民健康保険料も天引きとなりました。

 

国は徹底して徴収漏れの無いようにしています。なにか取り戻そうとしているかのようです。

介護保険料
65歳以上の方のうち、老齢もしくは退職(※1)、障害または死亡を支給事由とする年金を受給している方であって、年間の支給額が18万円以上の方。

国民健康保険料(税)
65歳以上75歳未満の方のうち、老齢もしくは退職(※1)、障害または死亡を支給事由とする年金を受給している方であって、年間の支給額が18万円以上の方。

後期高齢者医療保険料(*2)
75歳以上の方もしくは65歳以上75歳未満で後期高齢者医療保険制度に該当する方のうち、老齢もしくは退職(※1)、障害または死亡を支給事由とする年金を受給している方であって、年間の支給額が18万円以上の方。

住民税
65歳以上の方のうち、老齢もしくは退職(※1)を支給事由とする年金を受給している方であって、年間の支給額が18万円以上の方。

(※1)老齢基礎年金もしくは旧法制度による老齢年金・退職年金を指します。また、老齢厚生年金は天引きの対象とはなりません。
(※2)介護保険料が天引きされていることが前提条件となります。

この制度だと、税金や保険を天引きされて破産するなんてこともありますね。官僚栄えて人住まず。なんて事になりかねないです。

18万以上とは全員と言うことですね。65歳以上とは年金を満額貰えるようになったらです

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*