上履き、スリッパに履き替える会社やばい

上履き、スリッパに履き替える会社やばい

とある書籍で読んだ話し・・・・

衛生管理上など業務の都合やむを得ない場合は除きますが、普通のオフィス等で靴を脱がせるのは、どんな理由なのか考えればその会社の姿勢が得見えてきます。

経営者が「俺の会社を汚すな」、「たとえお客でも靴を脱げ」って所でしょうか。経営者が自分を守ることしか考えていない事がうかがえます。

訪問客は、靴下の汚れや破れを気にしますね。そうでは無くても雨の費には訪問しづらい会社になります。人を迎える姿勢が見られません。

汚されるのは誰も嫌なものです、しかし大事なのは、汚れを落とし常に掃除をして清潔に保っている会社が良い会社なのです。

 

規則の多い会社はやばい

役職で呼び合う会社はやばい

会社の批判ができない会社はやばい

毎朝、体操や標語を唱和する会社はやばい

若いのは元気があってあたりまえ年配者が元気が無い会社はやばい

掛け時計などが5分以上狂ってる会社はやばい

etc

ちょっとおもしろうそうなので、自分なりに理由を考えて見ました。続きはまた今度!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*