失業等給付受給の手続き開始

失業等給付受給の手続き開始2012_11_05_13_21_17

やっと先週末に元の会社より離職票が送られてきました。急いでるわけでは無いですがとりあえずハローワークに行ってきました。

自宅から徒歩で3~40分程度、時間はあるので歩いて行きました。

持参物は

  • 離職票1と2
  • 証明写真1枚
  • 通帳が無い口座なのでキャッシュカード
  • 免許証

また会社からの送付物に同封されていた「求職申込書」を事前に記入(鉛筆記入)証明写真は途中で証明写真ボックスで撮って持参しました。

ハローワークでは受付で、失業給付の申し込みと伝えると、アンケートを渡されました。内容は、離職後働いていないかどうかと言った内容と、求職に対する希望内容です。

事前に求職申込書を書いていたので直ぐに求職受付窓口へここでは離職票に書かれた内容の確認です。定年退職なので特に問題なくすみましたが、若干気にくわなかったのは、再雇用を希望していないという会社側の言い分です。ただしくは希望できなかったのです。

ハローワークの職員の言うことには、再雇用に条件があってそれに該当しないのだから会社都合では無いという説明でした。(社労士などの説明では希望にできるできないできるできないの条件を付けてはいけないらしが)、職員は異議や不服がある場合は審査請求をしますか?ときつい口調で言われてしまった。私の場合は4年前の顧客とのトラブルが原因で会社から処分を受けそれが理由だそうです。(人事部相談室の回答)

どうも怒っているようです。もめると面倒なのと手続きが遅くなるので低調に”お詫び”して下手に下手に後を進めました。さすがお役人様です面倒なことはお嫌いなようでした。この窓口での最後に「雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり」を受け取り、簡単な手続きの流れの説明を受けました。ここで「雇用保険説明会」(一週間後ぐらいに2時間程度)の日程と初回の「失業認定日」(1ヶ月後来年1月初め)の日程を告げられました。

この後別の窓口で、「求職申込書」の確認、とコンピュータへの入力です。後、各種説明会やセミナー就職支援についてのチラシを頂いて終了です。

初回の感想は、やっぱりハローワークはお役所で労働者の味方と言うより事業者の味方と感じましたね。上から目線で面倒なことはあからさまに嫌がりました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*