お雛様

お雛様

雛人形
雛人形

娘が大きくなってから、お雛様を飾ることが無くなってもう20年ぐらいになるだろうか、その娘も結婚し子供もできた。そして今年、孫女の子が生まれて初節句

結婚の時に持たせたひな人形を、飾ることになった、ただ七段飾りの雛人形を飾るには大変です。婿殿も男兄弟で育ってひな人形など縁が無い、そこでおじいちゃんの出番と組み立てに娘の家へ。すでに20年も箱に入ったままで不安いっぱいで開封しました。見ての通り畳2畳半を占有する大きさ、一歳児には格好のいたずら標的です。

棚の足組は当時ヘビースモーカだった私のせいなのかベタベタとしていた。錆は無く一安心です。緋毛氈は縮んでしまっていました。少し湿気を含んでる感じでしたね。

人形等に損傷はなく右大臣の眉毛がすり減っていました。また五人囃子の脇差しが数本見当たらず?どこかに落ちているのかもです。防虫剤は完全に枯れて無くなっていましたね。

しかし何十年ぶりかで娘と人形を飾りぼんぼりに灯をともして孫と写真を撮ると月日の流れをしみじみ感じました。人形の錦織は当時のままの雅さを醸しだし祖父達の思いが三代に伝わった時でした。

しばらくすれば湿気も飛び状態も良くなるでしょう。今度しまうときには新しい防虫剤を用意しお天気の良い日を選んでかたづけましょう、できれば柔らかい和紙か無ければ沢山のちり紙を用意し人形を包んでしまいたいです。人形達の顔を守る紙が黄ばんでしまっていましたしすこし固くなってましたね。吸湿性がなくなっているようなので新しくしたいですね。

孫達よすくすくと育てと願う

 

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*