自動車買い替え(たぶん人生最後かも)

自動車買い替え(たぶん人生最後かも)唐突に車を買い替えることになりました。

新型オデッセイ
新型オデッセイ

定年で無職な男が何をぜいたくなとお叱りはごもっともです。現在の車はマツダのビアンテCS、グレードは底辺クラス。孫が生まれてミニバンデビュー品です。車内も広くコストパフォマンスは非常に高い車でした。しかし購入後すぐに機械式駐車場で右後部を擦り、六甲山で道を間違えた時に細い山道でUターンしたときに急坂で後部床をこする、動物病院の駐車場でバックで出るときに左前部床を擦る、バックドアはスーパなどの屋内駐車場で荷卸しのための開け閉めで何度もぶつけ傷だらけの車になってました。

修理をディーラに確認すると、右側後方の擦り傷は板金塗装、バックドアは新品と交換、床下はバンパー交換程度・・・・で数十万円かかる見積もりになりました。

後で判明したのは、新車購入時の下取り価格とほぼ同じ金額でした。

それからカー・ディラー巡りを始めました。とりあえず現在のマツダのディーラの近くから、日産でエルグランド、ホンダでオデッセイ、マツダでMPVとビアンテ、各ディーラの反応は、日産は応対していただいた営業マンはベテラン社員風でそつなく、他の競合はあまり気にせず淡々と商談、下取りもネット調査並みで親切でした。ただ本体値引きには消極的でしたね。

次にマツダそばのホンダ、オデッセイで最初に応対してくれた営業マンはベテランでしたがやり手なのか途中から若い社員に代わってしまった。下取りは日産より安い、結果一番低い見積もりにも本体値引きを示さず。不親切というかまともに相手していない感じがしました。購入しない冷やかしと判断したのでしょうか?後日の電話もなしでした。

3件目は本命としていたマツダ、下取りが最初の日産を少し上回る程度にすこしがっかり、値引きはそれなりにさせてもらうというが金額が出てこない、ナビをサービスするとかこの辺で手を打とうとの魂胆が見えてきた。

この3件で、2回目の商談を考えていたのですが、ウォーキングで少し遠くまで歩くときに途中にホンダがあったことを思い出して飛び込んでみました。下取りの見積もりと値引きオプション等を見積もってもらいました。なんと下取りが日産を超えました。またマツダさんほどは出せないですがと謙虚さも忘れない姿勢に良い感触でした。本体値引きも粘りましたが、どうも会社からの圧力が大きいようで、ディーラオプションでの値引きを提案され7人乗りのEXをあきらめたのでロールカーテンが無いのでこれを付けて値引きとしました。

日 産 :下取り:80万、値引き14万(オプション込)
マツダ :下取り100万、値引き18万(オプション込)
ホンダA:下取り70万、値引き10万
ホンダB:下取り90、値引き20万(オプション込)

EXをあきらめて8人乗りにした理由は、3列目を収納したときに4人乗りになること、子供たち家族を載せる場合に最低5人乗れないといけない。8人乗りの場合3列目を床下収納し荷室を広げた場合でも大人5人が乗れるのが最大の理由です。

大は小を兼ねますが小は大を兼ねません。
違いは衝突軽減ブレーキシステムやロールサンシェードがない、17インチアルミが18インチへ。もちろん7人乗りですから2列目はプレミアムクレードルシートが3人掛け6:4分割シートに代わる

豪華シートに誰が乗るのか?自分ではないことが確かです。また孫たちはチャイルドシートですからこれでいいでしょう。

次回があるなら今度は自分のためだけの車を買いたいですが、もう年金生活ではむりでしょう。生涯最後の贅沢かもです。

 

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*