シルバー人材センター

シルバー人材センター失業保険の給付も終えて、全くの無収入となってしまった。ハローワークでの職探しも本気モードでやってみたが年齢60歳で出てくるのは警備や清掃がほとんど。政府は景気が良くなったとかTVや新聞では人手不足と言い文字が躍るが、中高年以上には全く関係ないようです。

何度ハローワークのパソコンで検索しても年齢をいくつか変えてみると全く出てくる件数も職種も違い中高年には厳しいのは変わっていない。

そこでシルバー人材センターにでも登録をしてみることにした。

月一回の入会説明会に出て生ツ名を受け、翌週に住む地域を担当する事務所に入会届を出してきました。面接があるという事でさらに翌週に面接を受けます。

今回入会届を受理していただいた方が、私が若く見えたのか60歳にならないと申込みで見ませんよと注意してくれましたが、生年月日を見てやっと納得してくれました。この事務所管轄では一番若いとの事でした。60歳代では少なく70歳代が多いようです。

シルバー人材センターの実情は就業率が50%から60%程度だそうです。それも植栽、草刈、自転車整理、等がほとんどで雑用レベル、経験を活かすなんてのはお題目になっています。私の経験(IT関係)はほとんど依頼はないようです。しかしそんなことは言ってられません、年金だけでは生きていけないので生活の足しには稼がなければいけません、選り好みはできません。さて面接でどんな仕事が紹介されるのか楽しみです。

シルバー人材センターは、市レベルで構成されているようで私の入会する神戸市シルバー人材センターでは会費や入会金はいらないようですが、中には会費が必要なところもあるようです。

神戸の場合は、月一回の入会説明会に申込み、申し込んだ翌月の説明会に参加します。

説明会に参加すると、シルバー人材センターの現状の説明があります。また入会申込書の書き方の説明があり、翌週末までに申し込みを住所を管轄する地域の事務所に提出します。

入会申し込みを済ませたら面談日(翌週)が伝えられ時間を調整します。

お役所仕事なので、期限までに申し込みをしなかったら入会説明会からやり直しです。また申し込みを忘れても同じです。

面接を欠席すると断ったことになり、これも最初からやり青しだそうです。

ただし面接は事前に連絡すれば翌月に延期ができそうです。

サービス精神を求めるのは難しいですね。どうもシルバー人材センターの問題点はこの辺にありそうです。

 

 

 

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*