年金裁定請求事前準備

年金裁定請求事前準備年金の裁定が来月なので事前準備をします。

まず年金の振り込み口座の講座証明を銀行に出向き年金請求書の振込口座の項目に銀行の講座証明印をもらいます。複数の年金請求を行う場合はここに行います。

例:厚生年金、共済年金、年金基金等

次に市役所へ出向き戸籍謄本(抄本)と住民票、配偶者の所得証明などを取得します。

共済年金などがあれば事前に加入履歴確認書を取得します。これは加入してた年金機構や共済組合に請求し取得します。

各年金の請求順序は、最後の加入年金事務所になるそうです。私の場合は、①日本年金機構、②防衛省共済組合、③加入していた企業年金基金となります。

まず日本年金機構に請求するために事前に防衛省共済組合に加入履歴証明と年金請求使用を取り寄せます。

日本年金機構に年金請求時に共済組合の加入履歴を添付するとともに日本年金機構の加入履歴を取得します。

日本年金機構の請求ができたら、次に共済年金の請求を行います。この時に日本年金機構の加入履歴証明を添付します。

企業年金の請求は、日本年金機構への請求後であればいつでもできます。

年金の支払いは誕生月の以後の偶数月になりますが、誕生月に手続きを行いますので実質は2か月以降の偶数月になるようなのであまり急いであてにしない方がいいみたいです。

 

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*