定年後2度目の年の瀬

定年後2度目の年の瀬今年も残すところ後1か月になりました。JR六甲道にあったKFC(ケンタッキーフライドチキン)がなくなっていたが、今月再び六甲道に戻ってきた以前は駅の高架下にあったが今度は駅北側のフォレスタ六甲の1Fに新規開店した。オープン記念で今月末までエコ・トートバックがもらえるというので行ってきました。まあ買い物バックみたいなチャチなトートバックというより買い物袋といった感じです。ランチパックを買って今日のお昼です。KFCフォレスタ六甲店

今は、退職時には想像もしていなかった生活になっている、年金はまだ貰えない、雇用保険の失業手当を5か月ほど貰い、9月からはシルバー人材センター紹介の低賃金労働を行っている。時間が拘束されるほどにお金はもらえない、シルバー人材センターの職員の退職金のために働いているようなものだ。かみさんは現役時代と変わらないお金使いである、当然退職金が見る見るうちに減ってゆく、恐ろしいぐらいに減る、いったい何年生きられるだろう

今月になってやっと厚生年金の請求手続きが可能になり請求した、支給は2か月に一度なので実際の支給は来年2月からだ!年金事務所 東灘

現役時代のボーナスがうらやましい、サラリーマンはありがたいものだと今頃しみじみ思う。

この一年間で分かったことは

  • 定年退職後の60歳以上の人の雇用はほとんどない
  • 定年延長や再雇用制度は、ほとんど企業と政府の嫌がらせ
  • 60歳以上の雇用がないのに失業給付が150日で終わる
  • 年金は請求しないともらえない
  • 厚生年金でも満足な生活はできない
  • 年金を払ってなかった人の哀れさを見た
  • シルバー人材センターはブラック組織だった
  • シルバー人材センターは地方公務員の退職後の受け皿だった
  • 政治家は国民のために何もしていない
  • 政治家は金持ちや大企業にやさしい
  • アベノミクスが空しい言葉に聞こえています。
  • 消費税アップを延期したら福祉が廃止になった、これは脅迫だ
  • 大企業の給与が上がると公務員の給与も上がる

92b60663efb6279609f62daa96e10e17

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*