高齢者の犯罪増加

高齢者の犯罪増加老人の暴力TVで高齢者の暴力事件や犯罪が増えているとやっていた。関西の鉄道会社でも暴力追放キャンペーンの資料に高齢者の交通機関での暴力事件を取り上げている。割り込み客や混雑時に体がぶつかったとか、ヘッドホーンなどの音がうるさいとか話し声が大きいなどに激昂している場合が多いそうである。特に改札で駅員に苦情を言う高齢者が増えているらしい、苦情だけでなく手を出す人も増えているとの事です。TVではコメンテータなどが高齢者は自分が世に代わって不正をただしてやろうといった正義感からの行動だが理性が効かなくなっているようだと。

この正義感にも問題があって長い人生を経て養われた常識が現在の社会にあっていないケースも多くあり、独りよがりな解釈が相まって否定されると激昂する。

私が利用するアクア・ジムやスパなどでも高齢者のマナー違反は多々目につく。洗面所で爪切りをして爪を床に飛ばす。備え付けのドライヤーで股間や足を乾かす。

風呂上がりで体を拭かずに脱衣場に出てくる。浴室の洗面台で選択するなんて日常茶飯事である。

注意書きがあってもその前で堂々と行っている。濡れたままの体で脱衣場を歩き他の人にぶつかったりしても平気である。たぶん長年ドライヤーで体を乾かしたり股間を乾かしたりしてきたのだろう、本人は何のためらいもなく行っている。

このような人にそれがマナー違反だとかルール違反だと言っても聞かない、多くは初めて言われたとかいままで言われなかったと答える。私ももう何も言わなくした。彼らはいつも怪訝な顔をして施設のスタッフに文句を言われたと苦情を言う。

処置なしである。昔は年寄りほど他の人に気遣いや気配りをしたものです。今の高齢者は自分の常識を押し付けようとしている暴走老人が多くなった。

たぶんこのような高齢者の方々は親からまともな躾を受けず自分勝手な常識に染まってしまっているんでしょう。悪気がないが非常に迷惑で危険な存在となっています。

自分だけはそうならないようにと思う今日この頃です。

 

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*