自転車用傷害保険は相手への補償の有り無しが重要

自転車用傷害保険は相手への補償の有り無しが重要神戸市では自転車の傷害保険の義務図家を条例化しました。神戸市では子供が自転車で走行中にお年寄りに衝突して重傷を合わせた事故でその親に9,500万円の賠償命令が出ました。この事件をきっかけに自転車事故での加害者である自転車側に高額な賠償命令が相次いでいます。自転車には購入時に短期の保険が付けられているものがありますが多くは、自損事故による自分への補償です。

自己で相手にけがを負わせたなどの場合相手を保証する保険なのか大事になっています。

大阪市では歩道を走る自転車が歩行者にぶつかって歩行者に因縁をつける当たり屋もいるようです。本末転倒もはなはだしく本来自転車は歩道を走ってはいけないのです。12歳未満の子供と70歳以上の高齢者は例外として許可されていますがこれを悪用した高齢者の自転車の当たり屋がいるのです。

裁判では12歳未満でも70歳以上でも歩行者との衝突ではあきらかに自転車側に回避義務があり歩行者優先です。

高齢者やおばさんやママさんの無謀自転車には毅然として対応しましょう。

高齢者は歩行者を邪魔者扱いしたり違法駐輪やベルで歩行者を追い立てる行為が、女性自転車は並行走行や子供を載せていると何よりも優先と勘違いした身勝手な危険走行が見られます。しかしこれら一旦事故が起きるとすべて自転車側にその責任が課せられます。

自転車は車両なのです。歩行者ではありません子供を載せていると蚊高齢であるかは関係ありません。

危険走行車は警察に訴えましょう。

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*