お上が信用できない国

お上が信用できない国議員、役人、警察、教師、教授、医師・・・・

もちろん全てでは無いが犯罪を犯したり国民を騙すうそを言ったり、自分の私利私欲のために基準や規則を作ったり、すべてが信用できない日本です。

つい最近も年金機構の無能な低レベルな業務のために多くの年金加入者の情報が悪人に盗み取られました。医療界では自分たちのために健康に関する基準を低めに設定し患者を増やしている、コルステロールの食事からの摂取が多いと健康被害が起きるとの説が否定されたが、何が都合が悪いのか日本の学界はアナウンスしない。

反面その基準によって病気と判断されると保険に加入できないなど弊害もある。いったい何がしたいのか

議員は企業経営者やお金持ちを優遇し議員としての立場を維持するための一般人を犠牲にする

役人は国民から集めた税金は自分のもののように使い、国民には金がないと言う

警察は誰が犯人かは関係なくとにかく捕まえて犯人にする、助けを求めても被害が出と動かない

教師は暴力を振るい虐待し性犯罪を犯す。

教授はその威厳に対し金銭を要求しお金で判断を変える

医師は患者の健康より自身の名誉売名をし健康判断を都合よく決め優先健康な人までを病人にする

繰り返すが、すべての人がそうではないがこのような人が多いのが事実で、まじめな人もおおいというがその人たちが信用できない人たちを放任黙認しているのも事実です。

犯罪や嘘をつく議員や役人・警察・教師・医師のそばにまじめな人はいなかったのかそうでは無いだろうしかしその人たちはそのような無頼をそのままにしているのです。

つまり犯罪や魚その就く人たちがいる組織にいくらまじめで優秀な人がいたとしてもその人たちが改革しなければ腐敗した組織のままだという事です。

そんな人たちに税金を払い命令され生命財産を管理される・・・・

日本は恐ろしい国になんです。

そろそろ本気で自分の事は自分で守る時期になったのではないだろうか?

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*