マイナンバーが始まるまでに

マイナンバーが始まるまでに預貯金や投資資産は名義変更へ、現預金はタンス預金へ変えておこう、将来下流老人となって生活保護を受けるときに資産があれば受けられないので、いまのうちです。

マイナンバーが運用開始されたら資産状況が把握されます。資産があれば生活保護は受けられません。タンス預金はいくらあっても構いません言わなきゃいいだけです。

財産贈与も今のうち、土地も家も子供達に名義変更、できれば、子供から賃貸しましょう。

名義を子供へ変更し、固定資産税や維持費相当を家賃として支払いましょう。子供への負担なく贈与をします。

生活保護は国民の最低限の生活を保障した国民の権利です。生活保護費より少ない国民年金で我慢する必要はありません。国が認めた最低限の生活保障です。

生活保護費だけではなく税金が免除され医療費が免除され当然国民健康保険や介護保険も免除です。実際には、60歳以上の夫婦2人で20万円相当の手取りに該当します。市営や県営住宅に住み生活費をもらい住宅扶助をもらい税金免除、医療費免除健康保険免除、介護保険免除ですよテレビ、クーラ、自動車もOKです。

国民年金だけ、借家、資産無し、仕事なしなら条件クリアーです。


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*