ジムなど健康施設に通う高齢者の問題

ジムなど健康施設に通う高齢者の問題定年後に健康のためにとジム通いを始めたのですが、プールやトレーニング・マシンがあり大きなお風呂やジャグジー・サウナのある施設です。

ここにも高齢者問題が押し寄せている、朝一番に通いだしたがほとんどが高齢者である。

時間を持て余すのと健康意識からだろう。

E4B88DE889AFE88081E4BABA-thumbnail2

しかし、大半数以上は女性高齢者で健康維持よりおしゃべりに来ているようで、まじめにトレーニングしたい人には迷惑な状態が続いている。

施設の人もトレーナも定期で通っているお得意様なので特に注意もしない、長時間マシンを占有したり、プールで固まっておしゃべりをして他の人が泳げなくても水中歩行できなくてもお構いなしである。

今回新たに判明した問題は、この高齢者女性たちが、更衣ロッカーの私物化である、受付でロッカーナンバーを指定して他の客に使わせないように言う、判明したのはその人が私物をロッカーに置きっぱなしにしていることと他の人が先に使用していると「そこは私がいつも使っていると」苦情を言い出す。

さらに受付では靴をロッカーに入れ靴箱のカギを受付に渡して更衣ロッカーのカギと交換し帰るときは更衣ロッカーの鍵を返して靴箱のカギを受け取るのだが、靴を取り出したあと普通ならそのままカギはつけたままにする。

彼女たちは靴を取り出して空の靴箱に鍵をかけそのまま持って帰るのである。

施設側も該当する靴箱に鍵を返してくれと張り紙をしていますが3分の一がその状態である。

どうも身勝手な行為だけではなく痴呆問題もあるようである。なぜなら持ち帰った鍵を次回持ってきて使うならまだしも、次回は鍵ももたず新たなロッカーを使う人である。

 

その人たちがこんなことを言っている「最近いつも使っていたくつ箱が、いつも使用中になっている」と文句を言っていた。

日に日にこのようなロッカーがぐ得ていくのです。もちろん女性が多いので目立つのだが男性更衣室でも、下着が干してあったらり、洗面所での爪切りや椅子に足を載せて何やら塗り薬を縫っている切った詰めが床に散らばるし洗面所の椅子が臭く汚くなる。
1347488375
これを老害というのだろう、すこし若者の老人に対する軽蔑の言動が理解できる気もした。

入浴の心得 ぽかなび.jp マナー向上委員会監修


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

2件のコメント

  1. こちら田舎にある大手ジム、老人だらけで若者、女性いなくなりました。当然老人だらけになると暇つぶしでたまり場になりトレーニングしたい人はさらに来なくなりました。今では昼間、夕方は開店休業状態、人が誰もいません。田舎にあるジムですからうわさが広まると誰も行かなくなります。
    ジムも集客作戦していますがもう二度と戻ってきません。
    今は無知な初心者をターゲットにして集めています、でもすぐに消えていきます。誰もいませんから・・・
    老人いるジムはどこもだめになりますね。大変なことですね。

    1. 訪問有難うございます。すべての高齢者がこうだとは思いませんが、多いことは確かですね。
      施設側も困ってますが、聞く耳を持たないのもこの手の人たちです。
      新しい客より日々通ってくれる高齢者がせめてもの固定客になってるのでしょう。
      トレーナーにうんちくを垂れて持論を言う人もいて、我流のオンパレードは有害と言わざるをえません。せめて自分は身を正そうと思うばかりです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*