何もしない生活 定年2年後

何もしない生活 定年2年後都会で暮らすには何かとお金が必要です。

近所を散歩する程度ならお金もかかりませんが、ちょっと遠くまでと思えば電車一駅でもバスい停留所でも数百円往復の料金がかかります。

わずかな年金生活で蓄えを減らさずと考えると、交通機関を使わずに歩く事になります。当然それほど遠くにはいけません。

近所の名所旧跡を巡ってもやがて行くところが無くなります。1時間でせいぜい数キロの範囲でそこにあるお寺や神社も数知れたものです。

時に電鉄会社企画のウォーキングやハイキングに出かける、これ、お金がいります。これって結構女性が多いんです。元気ですね。

年齢を聞くと多くの女性は単身で旦那はもうなくなっている人が多いです。やはり男性は短命なようです。厚生年金の遺族年金で気楽に暮らしてます。

遺族年金者のお気楽生活では、リホームしません、家電の買い替えはしません。人の集まる場所へ出かけます。買い物は最低限です。旅行はツアーです。無料が好きです。食べ歩きはしますが映画などは見ません。

子供が居て別居でも近くにいると孫守りや遊びで適度な刺激もありますが成長につれ疎遠になり出費がかさむ時期にしか来なくなります。

朝起きて食事をしたらしばらくTV等見てお昼前まで近所をぶらつきます。およそ1時間で2~3km、2時間程度ぶらつけば運動になります。

ある時は音楽を聞きながら、またある時はラジオを聞きながら、飽きれば街中を珍しいもの探し等をします。

何か趣味ですって?

趣味ってお金がかかります。年に何回かの贅沢になっています。

町の図書館はお安く便利です。昔の地元の地図や地名や旧道をしらべて歩いてみるのも良いです。

街中ウォッチングのテーマ

  • マンホール(汚水・下水・雨水・電気・NTT等)
  • 表札(珍名・難読名等)
  • 花や木
  • 車の車種やバイク(長らく駐車場に放置された旧車種に味がります)
  • 珍しい店舗(何がある方のしいです)

何もしない生活とは、こんなものでしょうか?


にほんブログ村

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*