リタイヤ夫婦の転居

リタイヤ夫婦の転居今朝マンションの前に、引越しトラックが停まっていました。引っ越してきたのか、引っ越すのかと思いながら表に出ると、荷物の搬出のための養生がしてあった。なぜ引越しと思ったかは、トラックの荷台が空っぽだったからです。
引越しするのは、このマンションでは有名な方で、マンションの建設時から、工事現場に入り色々と注文を出していた人のようです。管理組合の発足時の理事でもあり、一番大きな区画の部屋でした。奥様はいわゆるスピーカーと呼ばれマンション内の情報通で有名な人でした。
この夫婦と、つい2日前に駐車場でお会いしたのだが、そのような話もなかったのです。まるで黙って逃げるように出て行った感じがしました。
逃げるようにと表現したのは、奥様は、大変おしゃべりで、陽気なかたで、今までは引越しや入居に関していち早く近所に話していたのです。いざ自分の事になると、誰にも話さず日曜日の朝早くに出て行かれました。
彼女との最後の会話は、マンションの積立金が三倍にも上がるといった内容の話だった。それが一因なのだろうか、今年にバスルームのリフォームをしていたのは、売りに出すためだったのだろうか?変に勘ぐってしまいます。
確かに修繕費は上がっていくらしい、今年に大規模修繕を行い見積額に積立額が遠く及ばず、修繕内容を大幅に見直した経緯がありました。その後に管理組合の総会で修繕費の値上げが決まりました。今後段階的に値上げを行う予定であるとの話もあった。
戸建かマンションかで大きく違いが出るのがこの修繕費や共益費です。戸建は自分で修理を行う必要がありますが、お金がなければ、修繕をやめても何処からも何も言われませんが、マンションは法律で実施する様にきめられています。
これが嫌で、戸建に買い替え引越しする人もいます。子供の独立で小さな戸建や田舎に引っ越す、田舎でなくとも少し郊外の物件へとの話や二世帯など様々です。リタイヤ後の住まいの問題は色々と大変です。ローンが残っていると更に大変、退職金がなくなると心配なので一部返済で月々の返済額を少なくしたり大変です。最後はローンのための生命保険でチャラですが、元気だと長年経済的な苦労から解放されません。戸建の表札に二つの名字が羨ましくもあり煩わしくもあり。
年末の引越しには様々な憶測が付きまといます。今年もやっと年末まで来ましたあと少しで新しい年です。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*