定年後の蓄え リアル・リタイヤ

定年後の蓄え リアル・リタイヤ老後のために3000万円必要とか余裕の生活には8000万円だとか言われます。とてもそんなに貯められないとか、実際に退職金もそんなに無いし預金も無いと不安になっている人が多いと思います。
では実際に3,000万円や8,000万円の蓄えができた人に不安が無いのかといえばそうでもありません、また150万や500万しか無いけど結構気楽にやてるよ、という人もいます。

80歳までに必要な資金とか試算されますが、全員が80歳まで生きられるわけではありません、月24万から40万が月の生活費として試算してますが70歳を境に生活費が下がってきます。子供への費用も少なく逆に不要になります。病気で病院しか出歩かない、寝たきりとどんな状況が待っているかわからないのに、多額の蓄えの心配をしても仕方がありません。

総務省が公表している「平成26年家計調査」によると、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの世帯で、世帯主が無職)の1ヶ月の支出は242,234円です。

内訳は、「食料」64,576円、「住居」15,673円、「光熱・水道」22,978円、「家具・家事用品」9,830円、「被服および履物」7,084円、「保健医療」14,893円、「交通・通信」27,476円、「教育」303円、「教養娯楽」25,577円、「その他」53,844円となっています。

人それぞれ住む環境や健康状態家族構成、趣味などで状況は大きく変わります。
それより、しっかり現実を理解して、伴侶にも状況を理解してもらって、その範囲でやっていく努力をしましょう。だからと言って、節約や我慢ばかりで蓄えを減らさないことに汲々としては何のための老後かわかりません。節約だと思っていることが意外と無駄使いの場合が多いです。

節約と我慢でギスギスしない
昔から貧乏人の金失いと言われるように、安売りのものばかり買い漁り、たくさんあり欲しいものが買えないなんて生活が多いです。特に女性に多いです、安売り日にしか買い物しないとか、バーゲンで欲しいものよりいつもより安いだけで購入を決める、銭失いです。一円二円と積み上げても大したことはありません、チリが積もってもせいぜい小山にもならずと言います。
我慢する老後になっていませんか。
節約より時給800円のパートを週一回

バーゲンや安売りで買わない
安売りで儲けた金額より週に一回時給800円のパートを4時間する方がよっぽど生活を楽にします。せいぜい月に12,800円ですが、安売りでこれだけ安くなりますか、ありえないです。
バーゲンや大安売りで買い物するのはお辞めになるべきです。冷静に本当に必要ですか?本当に必要なものは、バーゲンや安売りを待たずに必要な時に買うべきです、もしバーゲンや大安売りまで待てるなら必要無いかもしれません
ついでや細々と買い物をしない、ちょっとコンビニでとか、自動販売機でと言ったりでスーパでついでにこれもとてをださないこと。買う前に手に取る前に、本当に必要か自問してください。

借金はしない
年金生活にはボーナスも昇給もありません、逆に臨時出費があります。働いていたとしてもボーナスは臨時収入と捉えて当てにしない生活をこころがけましょう。クレジットカードにキャッシングも注意です。これも立派な借金です。銀行の定期預金があると借越しができます。これも借金です。本当に足らない時は定期を解約し必要なだけを残し再度定期に戻しましょう。こうすることにより必要以上の支出を抑制できます。

身の程を棚卸
本当に自家用車が必要ですか、レンタカーは高いですが、カーシェアは安いですよ、タイムスプラスでは月数千円で買い物や日帰り旅行ぐらいは楽にできます。週一ドライバーなら絶対お得です。生命保険を見直しましたか?
あと何年か生きるかもしもの時の相方の生活費とお考えが多いようですが、もしあなたがなくなっても相方には遺族年金が支給されます。現在より少なくなりますが一人には十分です。自宅のローンが残っていてもローンにセットの生命保険でっちゃらになりローンはなくなります。必要なのは、葬式代です。葬式も家族葬で十分です。それほど付き合いの無い遠縁を読んでも、思い出話もなく酒と料理にありついて帰るだけ、面倒なだけです。相方と子供兄弟でいいでしょう。それが賄える保険でいいのでは無いですか?

住居費は手取りの3割ぐらいまで。通信費は家族が多くなるだけかさみますが5%、保険も5%が目安と言われています。

現在の厚生年金の平均年額は、160万、基礎年金が76万円、合計で235万円、月19万円となります。勤務年数や現役時代の給与の額で差があります。あくまで国の統計です。
ねんきん定期便で予定額を確認し、この範囲での生活を考えてみましょう。ローンや自家用車がなければ十分です生活できます。パートで月5万も稼げば25万になります結構余裕とも言えます。余裕というには、節約とや身の程の棚卸をしての話です。

老後の蓄えに3,000万円や8000万円に不安を感じないでください、上記の例だけでも、年金で65歳から80歳までの15年間で、3、525万円が約束されてることになります。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*