ジムは我流のオンパレード

ジムは我流のオンパレード週に3-4日アクアジムに通っています。

椎間板ヘルニアで治療し、その後のリハビリとして医者に勧められた水、中歩行やスイミングに通っているわけです。

私は、トレーナやドクターにプログラムを作成していただき、指導に沿って歩いたり泳いだり、マシンもやっています。

通っている施設には多くの高齢者がいるのですが、多くの人は我流で歩いたりマシンを使ったりで大賑わいです。

アクアジムのに限らず、高齢者は我流で一生懸命な人が多いみたいです。トレーナのいう事を聞かず、逆にトレーナに説教する強者もいるようですよ。

高齢者の場合、歩行強化が目的になる場合が多く、歩幅を広く取る、足を上げる、片足で立つ時間を長くする、腕を後ろに振る、胸を張る

水中歩行での私が受けた指導です。

我流で多いのは、歩幅が小さく早足で歩く、本人はスピードが速く駆け足のように歩けば効果があると思っている。歩幅が小さいとつまずきの原因となり、筋肉が付きません。

前かがみで走るような姿勢で、腕で水をかき分けて歩く、前かがみは姿勢を悪くして足にも腰にも負担をかけます。両手で水をかくのは高価を半減させています。

腕を後ろで組んで歩く、腰で水を押しのけるように後ろで組んだ腕は動かず固定しているので、バランスが悪く体幹のバランスを崩してしまいます。

高齢者の場合、自分のやり方がベストだと思っているので、誰の意見にも耳を傾けません。

歩行時間は、ウォーキングなどでは20分以上と言われています。水中歩行の場合は、その半分で良いと言われています。

ここで勘違いするのは、長く歩けば良いと勘違いする人たちが多いという事です。トレーナやドクターン指導では、休憩を挟んで歩いた合計で良いとの事です。辛いのを我慢して30分歩いても、筋肉に負担をかけたり関節に負担をかけたと逆に体を壊しては元も子もありません。

10分歩き5分休み、また10分歩けば合計20分です。

私の場合、10分泳ぎ、10分マシンをやる5分ジャグジーで15分歩き3分休憩10分歩きます。最後にジャグジーで5分で終了です。

ジムまでの往復10分も徒歩ですから、充分な運動量です。

目的は、体幹の強化と足腰の筋肉強化です。

高齢者の我流トレーニングは、あまり効果は無い事が多いようですね。流れるプールは負担の少ない順流で歩くのと、負荷の高い逆流で歩くのでは随分と違いがあります、なぜか順流で必至の速度で歩く方がいます。流れが加速されてほとんど流れに流されているだけになって運動になっていない様子も見られます。

女性の方の場合は、歩くよりおしゃべりに忙しく、人の迷惑も考えずコースの途中でたむろして後ろに渋滞ができてます。

もし健康のためとかリハビリのためにジムやプールに行く場合は、トレーナやコーチに目的(健康、リハビリ、ダイエット等)を伝えて、何をすればよいか助言をもらいましょう、決して他人の真似はしてはいけません、殆どが我流です、下手に真似すると体を壊しかねませんよ

注意が必要なのは、親切に我流を指導してくるジムに通う古参会員の方です。相手は親切心なので悪気はないですが、それで足腰を痛める方もいます。

通う人それぞれ理由があります。

自分のやり方が全員に効果があるわけじゃないです。

自分自身、何をしたらいけないか、知っておくべきですね。

歩けなくなったり寝たきりに、成らないように無理してはいけません、スポーツ選手じゃないんです。

きつい、苦しい、痛いは辞め時です。

 

 

 

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*