福祉有償運送運転者講習・セダン等運転者講習

福祉有償運送運転者講習・セダン等運転者講習シルバー人材センターにあった講習のパンフレットで知り申し込みました。申し込んだのは昨年の12月で20名限定のため選抜だそうですがありがたく受講の連絡が年末にありました。

講習は1月の16日~20日までの5日間で、16日は兵庫県シルバーの講習でマナーに関する研修、本題の「福祉有償運送運転者講習・セダン等運転者講習」は法律(国土交通省・旅客運送法)で決められた講習です。講習場所は神戸市の「しあわせの村」でした。

兵庫県シルバー人材協会の「高齢者活躍人材育成事業」の一環です。就業支援なのですが、特に就業斡旋や紹介などはありませんでした。

今回の講習会では17日~20日で午後1時から5時までの1日4時間、240分×4日=960分(実技含む)でした。

福祉有償運送運転者講習 & セダン等運転者講習

・79条登録(福祉有償運送)の運転者
・地域支え合い活動運転者

福祉有償運送運転者講習(所要時間とカリキュラム)

5分 運転協力者講習会の心構え (福祉有償運転者講習の概要)
50分 障害の知識及び利用者理解に関する講義
50分 関係法令等に関する講義
120分 基礎的な接遇技術及び介助技術に関する講義(講習含む)
50分 安全・安心な運行と緊急時の対応に関する講義
60分 福祉自動車の特性に関する講義(講習含む)
120分 福祉自動車の運転方法等に関する講習(一人当たり20分)
50分 運転方法に関する講義

※2種免許保有の方は、セダン等運転者講習のみ受講してください。

セダン等運転者講習(所要時間とカリキュラム)

10分 オリエンテーション
50分 セダンの利用者理解と接遇・介助の講義
20分 セダン介助(実技) ※一人当たり20分

ただし丸1日講習になります。今回は兵庫県シルバ-の企画とあって公共の場所で1日4時間でも余裕のある講習でした。最終日は実技で福祉車両の運転と機器の操作、リフターやスロープ、車いすの扱い方や福祉車両の載せたり降ろしたりの操作など、また敷地内での運転操作、衝撃の少ない運転方法などを車いす乗車で体感しながらの研修でした。時間がある分に十分に習得ができたと思います。

講師の方によると一般の講習だと1日か2日で終わるそうです。ただし講師の方のお話では福祉車両も多種多様なための、実際には自分の扱う車で事前に確認をするようにとの事です。

上記の講習内容にあるように福祉介護に関する知識に関する講義もあり、介護資格ではありませんが、福祉輸送する対象者を理解するという意味で、障害に関する知識や接遇に関する内容を習います。

さて修了書をいただきましたが、シルバーの主催と言っても仕事を紹介していただけないです。

これから講習を活かすべき就活になります。

もう少し暖かくなったらハロークでも行ってみます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*