確定申告の準備はじめる

確定申告書等作成コーナー

確定申告の準備はじめる先週の火曜日から風邪気味で熱は上がらないが鼻水と詰まり、時々咳

散歩も出ずに家で静養中

やっと年金関係の源泉徴収票も届いたで確定申告の準備をしました。

収入は、厚生年金と企業年金基金、共済年金の三種、配当所得はわずかな株式配当、残念ながら投資信託はマイナスでした。

控除は、国民健康保険、医療費控除、新旧生命保険、わずかだけど地震保険

一番大変なのは医療費の集計です。

医療費の領収書を本人と妻の分を分け、今度はそれぞれに病院ごと薬局ごとに分類して集計

今回は国税庁のHPから医療費集計フォームをダウンロードして入力しました。妻の整形の通院費が山ほどあり、手作業は大変です。

結局で2人で102件の入力でした。金額は8万円強

よく10万を超えた分が控除できる言われますが、それは年収が200円以上の場合です。200万円以下の場合は、そん5%を超えた分が共助対象です。私の収入は少ないので課税標準が200万円以下ですので8万円でも充分返ってきます。

厚生年金は、少なくても所得税が差し引かれてます。株式の取引では配当などで所得税と住民税が引かれています。確定申告するとこの支払った税金が還付されます。

対処後3年毎年還付されます。

年金だけの収入で400万以下は確定申告不要といってあすが、これは国が還付させない策略です((笑))

生命保険に入っていたり、県民共済などの保険でも同じです。医療費が課税所得の5%を超えてれば支払った税金を返してもらえます。

ただし、年金収入が非課税の場合は、確定申告してもそもそもけしてもらう税金が無いのですから意味ないですね

今年から確定申告には、マイナンバーが必要になります。申告書に、マイナンバーカードのコピーを添付するか、マイナンバー通知書のコピーの添付が必要になりました。

 

 

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*