現金持ち歩かず

現金持ち歩かず現金主義だと、財布の中身が寂しくなるとATMを探したり、手数料がもったいいので銀行のATMを探したり、時間を気にしたりと面倒です。

現金以外の支払い方法は、一昔前まではクレジットカードしかありませんでしたが、自動改札の普及で、交通系のICカード、関西ではICOCAやPITAPAがプリペイカードや電子マネーつぃて利用できるようになっています。関西の自動販売機にはPTAPAICOCA対応の自動販売機もあります。最近では病院などでも支払い機が対応したり設置している自動販売機が電子マネータイプだったりします。

多くの電子マネーやプルペイカードでは、ポイントがたまったりして実質、0..25~0.5程度の値引きと同じポイントが付く場合があります。200円で1ポイントが元も多いようです。実質の値引きと考えて大いに利用すべきです。たくさんたまってから使うなんて考えず、使うのが良いですよ、このポイント制度はあくまでメーカのサービスで行っているのでいつ廃止するか分かりませんよ。

一番の使い方は、端数をポイントで使うのが財布に小銭がたまらず便利です。

しかし自分の持ってる電子マネーがどこで使えるか心配ですね、使えると思ったら現金だけだったり特定のカードだけしか使えなくてあわてて現金を探すなんて大変です。

そこで便利なのが「現金いらず」のホームページです。カード会社が説明してるページより店舗ごとに確認できるので便利です。

もし検査牛る場合は、

などのように検索欄に入力するとそのページが検索されます。

現金いらず検索
くら寿司 現金いらず 2017年3月10日現在

くら寿司では、2017年4月からのクレジット対応を進めているようです。本日現在でもいくつかのお店にはカードリーダ対応のレジがありました。

クレジットカードは、支払い毎月の締日後に翌月に登録口座から引き落とされます

プリペイカードは、チャージ方式とポストペイ方式がありポストペイ方式(iDやQUICPay)は、チャージ不要ですがクレジットと同じように後払いです。使いすぎに注意しましょう。チャージ方式は事前にチャージしておきその範囲での使用ができます。使いすぎる心配はありません。

多くの場合は、電子マネーはプリペイドカード式が多く安全でまた便利です。普請すしても残高以上の被害は在りません。利用しやすさはほとんどクレジットカードと同じです。

現金支払いは、安売り店などにおおいですが、カードが使えるお店と比べて0.5以上安い値段でないとメリットはありません。現金でしか買えないお店で安さ以外にメリットは一般的にはないようです。珍しい商品や専門的な商品であれば可能性がありますが、普段の生活での買い物で現金でしか書けないなら、他の店と0.5%以上の価格差が必要です。

200円→199円
500円→498円
1000円→995円
5、000円→4、975円
10、000円→9、950円

価格表示で多い場合
980円→976円
1,980円→1,970円

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*