定年前に考えておく事

定年前に考えておく事今回の記事は、定年前の準備では無く、考えや方針を決める準備のことです。

定年65歳時代と言っても実際には、60歳定年65歳までは再雇用と言うシステムの会社が多いと聞きます。

その場合は、いったん退職金を受け取り、収入は大幅に減少し、賞与も無く1年毎の更新が普通です。仕事も変わる可能性があります。中には頭を下げてまで再雇用はごめんだと言う人もいれば、年金が支給される65歳まではとにかく我慢しよう、と言う人もいます。

まず、この方針を決めなけれいけません。

年金支給までの5年間を無収入で生活する事は非常にきびいしいです。

再雇用制度は、企業によって考え方も様々です。

退職予定者が、会社に再雇用を願い出る方式では、会社の承認で再雇用されるケース、会社は再雇用してやる的な考えの制度になってます。

逆に会社が退職予定者に再雇用の希望を募ったり希望を聞くシステムの場合、会社に残って欲しいとの考えがあると見ても良いかも知れません。絶対では無いですが

頭を下げて再雇用されるか、請われて再雇用に応じるかは雲泥の差ですね。

ただ再雇用の場合は、基本的に社会保険の継続や厚生年金の加入継続、雇用保険の加入などメリットが大きいです。収入は概ね定年時の40〜70%程度と言われます。多くの企業は厚生年金の減額対象金額の28万以下とするところが多いです。

定年直後は、生活レベルが現役時代と変わらずにお金を使ってしまいます。

頭でわかっていても、実際には預金の減少に危機感を感じるまで、月日が必要です。

退職後1年間は前年の収入での保険料や住民税で多額にお金が必要です。失業給付も半年程度で終わります。

生活レベルを抑える難しさを実感するのは、退職後1年後です。

結局収入を得るために、働くことを検討します、しかし、世の中甘くありません、長年の経験や知識は年齢に勝てません、どんなスキルも経験も年齢の前には無力です。特殊な資格を除いて

さて定年前に、この事を良く考えておきましょう。

退職後の当てがなく蓄えも心もとないなら、選択肢は再雇用が得策です。再雇用しながら仕事を探す手もあります。

もし蓄えや個人年金等で収入が退職後から得られるなら、不足分だけのパートやアルバイトでしのげる場合があります。

この方法がとれる方は、潔く定年し会社との縁をきっぱり切りましょう。

週3日程度、月に8万程度(社会保険未加入範囲)であれば、いくらでも仕事があります。

要は、昔の仕事やスキルにこだわらない事です。あなたと同じスキルなら若い方が良いに決まっています。貴方の経験なんてあなたより年下の人には無関係です。

結局、貴方の変りは、たくさんいるのです。貴方である必要はありません。本当に経験やスキルでやっていけると自信があるなら、再就職ではなく起業でしか道はないでしょう。

さて、蓄えも企業年金も遊んで暮らせるほど無いのなら、とりあえず、気楽な仕事を始めましょう、たとえ以下のような仕事でも週2日や3日なら十分できます。3日働けば休みなんだ、気楽にやってみましょう

時給は、最低より高めで希望しましょう、出勤日は自分の希望を通しましょう、折れる必要はありません、貴方には当座の蓄えはあるのです。

管理人、警備、清掃、介護職、現職と全く違う仕事がオススメです。その方が、新しい職場で素直になれます。

若い先輩上司とうまく付き合うのなら知らない業種が一番です。

下手に経験やスキルを持ち出すと煙たがられ嫌われます。

蓄えに余裕もあり企業年金が充分だと言う人が陥るのが、当分のんびりしたいと旅行や趣味に没頭したりします。

しかしこの期間が長くなると、働く気力が薄れていきます。

年相応で医療費も増えます。職探しに身が入らなくなります。

遅くとも2年以内に次の仕事につく事をお勧めします。

65歳までならまだ定年組でも若手で通ります。

65歳からはさらに仕事探しが厳しく職種の範囲み狭くなります。

65歳以上で雇ってくれる基準が65歳までに採用され就業してる場合というのが、一般的です。

もし生活のためだけじゃなく、こずかい稼ぎであっても65歳までに長く勤められる職につく事です。

シルバー人材センターでは、仕事紹介は基本70歳までで、70歳以上は、臨時作業レベルの仕事になります。週20時間以内、月間80時間以内がシルバーの決まりです。労災、雇用、社会保険など一切なしです。もちろん労基法適用外で最低賃金法の適用もなうです。各地域の最低賃金を参考にはしてるようです。

シルバーは充分に注意が必要です。最近んでは就職斡旋も行ってくれますがやはり基本的に70歳未満に限ります。

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*