痴呆の恐ろしさ

痴呆の恐ろしさ痴呆は単に物忘れが酷いと言う訳では無い

よく言われる、さっき食べたお昼の食事を忘れるなんて事では無いのです。

お昼に食べた物を思い出せないのは、痴呆と違います、老化による記憶力の低下に過ぎません。

痴呆は、忘れたことさえ分かりません。

  • 物を取られたと騒ぐ
  • 食事をさせてもらえないと文句を言う
  • 家にいても家に帰ると言い出す
  • トイレに行ってトイレの仕方が分からずお漏らし
  • 言葉を忘れ意味不明な声を出す
  • etc

体が健康だと、とても危険です。一人で表に出て何処かへ行こうとします。止めようとするとすごい力で抵抗し、多くは暴力を振るいます。

殴る、蹴る、噛みつくなんて当たり前です。

杖を振り回すどころか、包丁や鋏を振り回し投げつけます。危険だとか迷惑だとかいった認識はな無くなっています。

もしかすると、貴方も何か忘れてしまっているかもしれません。

忘れたか分からないのが、痴呆の可能性があります。

  • 買い物で小銭でお釣りを少なくすることが面倒になり大きなお金で支払う
  • 出かける事が面倒になる
  • 言葉が見つからなくなる
  • 出かける場所がいつも同じになる
  • 趣味を辞める
  • ごみを捨てなくなる
  • おしゃれをしなくなる
  • 物をなくすと人のせいにする
  • 会話が続かない
  • 同じ話を繰り返す
  • 人の話が悪口に聞こえる
  • 等など

どうすれば良いのか?

上に書いた逆を行きましょう

  • 毎日必ず外に出る
  • 昨日と同じ方向へは行かない
  • 話し相手がいなけりゃカラオケが最適
  • 服装は基本は毎日着替える
  • ゴミ捨ては日課にする
  • ありがとうを口癖にする
  • 開門の時は、必ず小銭で支払う
  • 等など

 

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*