送迎の時間が寒くなり始めました

送迎の時間が寒くなり始めました朝の利用者様のお迎えの時間は、少しずつ寒くなりは込めました。暖房を入れることも増えてきました。

お年寄りは、体の温度調整がに鈍くなっており、寒い人もいれば、暑いと言う人もいてかなり面倒です。雨の日には、傘を持って自分は濡れても利用者様を濡れさせない乗降をサポートします。

乗降待ちをしていると、対向車等が通り抜けできない場合もあって、一旦車を移動させてまた戻ることも多々あります。ただ充分通り抜けるだけの幅が空いているのにすり抜けられない、運転が未熟な方も多く、怪訝な顔をされることも多々あり複雑です。

担当は、ミニバンが多かったのですが、キャラバンの福祉車両の運転も増えています。狭い路地裏では神経を使いますね。一回の切り返しでは曲がれない路地も多く大変です。

夕方の自宅への送り時間は、日暮れに差し掛かり始めは太陽が低く眩しく、やがて暗くなってライトの点灯時間で、危険な時間帯です。早めにライトを点灯しますが、多くの車は点灯せずに走る車が多いので危険を感じますね。

自分から相手が見えているのでライトをつけない人が多いですね、逆にこちらからは見えていないので非常に怖いです。

最近のドライバーの多くは、ウインカーを出さ無い、ライトを点けない、自分の車幅が分かっていない、右折待ちの時に、車のお尻を左にはみ出すバカも多いので危険がいっぱいです。

人数では1回5~6人程度で移動時間は1件当たり5分から15分で約1時間で帰る運転業務になっています。

車の後部を擦ったり側溝や縁石に後輪を載せたこともあり、最近では、余裕を持った切り替えし、車速に心がけています。

我が施設では送迎ドライバーが曜日によって不足しているので、応募される方をお待ちしています。

今週は、やっと秋らしいお天気が戻ってきそうなので、送迎も時間も気持ちの良い運転ができそうです。

今週もご安全に!!

 

 

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*