64歳になりました。

64歳になりました。今年も孫たちからプレゼントをいただきました。

現役時代には、想像もしなかった64歳、思ったより元気である。

還暦で定年後約1年ほどぶらぶらしていましたが、シルバー人材の仕事を経て、今年からは介護施設で送迎ドライバー兼介護士補助をしています。

時給は安いですが、生活には不足する念を補い、ささやかな孫たちへのプレゼント代や食事代を稼いでいます。

64歳とは、どんな年齢でしょう?

65歳から74歳が前期高齢者と呼ぶらしいです、さしずめ64歳は前期高齢者予備軍ですね。

この呼び名は高齢者医療制度上の呼び名で保険制度の自己負担の違いがあります。租特によっても負担額が違っています。

65歳では色々差が出てきますね、退職時の雇用保険の受給は、1年以上勤めて退職なら150日、1年に万でも90日分出ます。65歳からは1年以上でも50日分1年未満は30日分しか出ません。やめるなら65歳未満ですかね

雇用保険は、29年から65歳の年齢制限が撤廃されました。しかし失業時の給付金は65歳以上は、「高年齢求職者給付金」と言われ、どれだけ長く勤めても50日分以上は支給されません。まあ、ひと月分のパート代が1回だけ支給されると考えましょう。お国もあまり長く働くなと言ってるようなものです。

パートの場合は時給がアップするケースが少ないので、適当な時期に退職して時給の良いところへ変わるのがベストです、その時には有効活用しましょう。

そのためには最低でも6か月は働き、できれば1年働けば50日分がもらえます。

それ以上はいくら働いても失業給付は

 

 

 

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*