ドライブレコーダ

ドライブレコーダ東名高速道路での事故以来、煽り運転や無謀運転などのトラブル対応の為に、ドライブレコーダが有効だと報道され、今では、オートバックスやイエローハット等のカー用品店では、ドライブレコーダが品薄になっている様です。

私は、以前よりトラブル対応の他にドライブ記録の為に取り付けています。最初はこまめに画像をPCでチェックしてましたが最近は放置してます。時折録画状態を確認する程度です。

渋滞の車列の間を通り抜けるおばさんが映っていたり、割り込みやウインカー出さない右左折車、左に後部を突き出した右折車等など危険がいっぱい映ってます。

取り付けたきっかけは、タクシーでの暴行事件の記録がドライブレコーダだったことから自家用車でもと取り付けました。

最近ではタクシーのほとんどが、前方以外にも車内撮影用のカメラも付いているようです。その他大手の運送会社のトラックにも取りつけられているようです。企業が自社の車両管理の為に取り付けるのは、当然になってきてます。

しかし、毎日の送迎を行っている介護施設の送迎車には、ドラブレコーダなんて話さえありません。なんとか取りつけてほしいものです。狭い住宅街の路地を大型ワゴン車で走るのですから、是非取り付けてほしいですね。

記録画像は、新人や不慣れな人が新しい道を走る場合の参考にもできます。介護施設の車両管理者は、是非ドライブレコーダの採用を検討していただきたいものです。

安全運転や、事故を起こさないようにと叫んだり、遅延等を責める前に運転者の安全を守っていただきたい。

最近のトレンドは、前後2カメラと安全運転支援機能付きだそうです。

 

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*