65歳まで厚生年金ももらえない

65歳まで厚生年金ももらえない来年60歳の人(昭和36年4月2日以降の生まれ1961年)は、厚生年金も65歳まで受け取れなくなります。

もし60歳で定年なら5年間は無年金です。個人年金や企業年金には60歳から受け取れるものもあります。

大変な時代ですね、和が職場にもシルバー人材からの65歳未満の方が数人入ってきました。たぶん今後多くなるのではないでしょうか?

定年延長はほとんどなく、再雇用制度を採用する企業が多く、その制度は追い出し部屋と言われるように、給与は大幅に減額され賞与は寸志程度、しかし仕事内容は変わらずノルマも同じ、あるいは作業レベルの大部屋に回されたり、かつての部下の手伝いに会わることも多々あります。経験や知識を活用なんてマスコミや政治家の戯言でしかありません。

役人は、自分たちの定年を65歳まで伸ばそうと今策略しています。まず公務員から優遇されるようですね。当然民間のような追い出し部屋なんてないわけで、年功序列で高給で延長されます。

この国は、国民を守るどころか公務員しか守ってくれません、だからこそ公務員は、政治家のご意向を忖度するのですね。

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*