定年プロドライバーのお粗末

定年プロドライバーのお粗末ディサービスの送迎ドライバーに応募してきた、プロドライバーが相次いで不祥事で退職・・・・

タクシードライバーで2種免許を所有当然ですが、地元の地理に詳しい、60歳前半

当然施設は、もろ手挙げて採用するも1月もしない内に、信号無視で警察のお世話でおやめになることに

60歳代前半の元バス運転手で福祉車両のような大型車も得意だろうと思ったが、運転が乱暴で顧客先が覚えられない決めたルートしか走れない、言葉使いが粗暴で添乗員に苦情を言う、信号無視、危険運転、暴言

社内外からの苦情噴出で退職

70歳代元会社員、通行の邪魔だと通行人に暴言、謹慎処分後退職

タクシーもバス運転手も、人手不足の業界である。そんな業界を60歳定年で退職し再雇用もない人材を採用するのは少し考えた方が良さそうである。再雇用や定年延長にならない理由があるのだろう。本人の意思で退職したかもしれないが、ディサービスのような安時給の求人に応募するのだからやはり何かあると考えるべきだろう。

採用する施設側の人を見る目のなさにも問題がある、慢性的な人材不足で、人を見る余裕もないのかもしれないが、職員は勿論利用者の命を預かる仕事の対する危機感が感じられない。

狭い住宅街を走り抜けるために、車体を擦る場合も多いが修理もされず傷だらけ、青空駐車で毎日使用され汚れ放題で洗車もされない、

窓が汚れ雨や夜間には光がにじむ

最近ニュースになるドライブレコーダさえもコスト優先で設置されず。

結局はそんな職場に集まる就職希望者はにあったものかもしれない。

安くても良いから採用してほしい人物は、どんな人だろうか?

それだけしか払えないのだから、一度考えてみてはどうだろう?

安い賃金で高い労働生産性を望んで、叶う訳がないだろうに!

 

 ↓ 気に入ったらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*