今年一年間は、月収をセーブ

今年一年間は、月収をセーブ65歳までの年金生活でパートで稼ぐと、(パートの年間総収入÷12)+(年間年金収入÷12)>28万円だと超えた分の半分が年金から減額されます。
したがって、パート代を調整しないよいけないのです。

65歳以上になると基準の月額が46万になるので、殆ど基準など考えなくてもよくなります。そんなに年金は覆う無いです。

ただ年金を減らされても、パートで沢山稼いだ方が得だと言う考えもあります。減額は超えた分の半分ですから、減額されるより良いわけです。

ただ、パート代が高額なら良いですが、時間を延長したり仕事の日数を増やしたりして、体がきつくなっては、良くはないでしょう。

労働時間と、パート代の折り合いを付けないといけません。

パートで働くメリットには、週20時間以上、月間8万8千円以上であれば社会保険に加入できます。これだと国民健康保険よりはるかに有利になります。

健康保険代が半額が事業所が負担してくれますので、本人の負担額が半分になります。そのほかに厚生年金に加入できますので、将来パートを辞めた時に厚生年期が再計算されほんのわずかですが増額されます。

もちろん雇用保険にも加入できるので、退職時に退職手当が受給できます。64歳までに退職なら、失業給付は90から150日分出ます。65歳以上は、50日分の一時金になるようです。

パートで働く目標は70歳までとしていますが。あくまで健康ならです。椎間板ヘルニアの持病のせいで、はたして70歳まで元気でいられるかが心配です。

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*