兄との新年会

兄との新年会今日のお昼に数か月ぶりに妻と一緒に兄との昼食に出かけました。

電車に乗って三宮のセンター街すし店で、昼食がてらの兄弟での新年会です。久しぶりに、伊勢の田舎の事や、青春時代の大阪南河内の頃の話題が弾みました。

兄も伊勢の田舎に映りたいとの言葉が何度も出るように、都会生活に疲れたようです。

私自身もあまり都会生活にはなじめません、できれば田舎でそれも海の傍で暮らしたいと思っています。

私の生まれ育った、村は過疎が進みもう田舎暮らしをするには不便すぎです。漁協も移り農協も縮小し、買い物さえままなりません。もしもの医療も不安な状態なので、現実的には、生まれ故郷に近いインフラの良い集落を夢に描いています。

いまは日々の生活に追われ、妻の田舎嫌いに阻まれ、夢で終わりそうです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2件のコメント

  1. 兄は東京が長く最近になって神戸に越してきました。長男とあって南伊勢の田舎に時折帰っていますが年々寂れる生まれた村には、住めないと言っています。
    希望は、五ヶ所あたりを夢見てますね。
    田舎でどんなに安くても、今の家を売らないと無理なので神戸と伊勢と行ったり来たりと言う訳にはいかないです。

  2. 岡野様

    伊勢市内でも土地50坪、築後20~30年古家
    (と言っても、即移住できる状態)付きで

    1千万円前後でかなり売りに出ています(^^)

    買えない金額ではないので、障害はやはり
    妻でしょうか!!!???(^^)

    私の高校時代の友人前田君は、南伊勢町
    斉田出身で、周りは山ばかりだそうです。

    定年まで三井住友銀行の役員で、今は
    宝塚市に住んで、関連会社の役員をしています。

    ところが、さらに・・・聞いてビックリ・・
    月に20日間は南伊勢町斉田の実家でみかん

    農家の仕事をしており、春先は米の栽培出荷
    で大忙しらしいです。

    なんか、こういう生き方もあるんだと
    思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*