施設に通う高齢者はわがまま

施設に通う高齢者はわがまま我儘です。

毎日接すると鬱になる

施設の介護士をまるでお手伝いか家政婦や部下のごとく顎で使う

声を出さず手だけを挙げる女性は、こちらさえ向かず、トイレの前で手を挙げている、トイレ介助しろという事だ、男性が行くと「シッ!」と嫌われる。

黙ってコップを持ち上げてる、お茶をくれの合図だ。

一人がBGMの音を大きくして、と言うと、誰かがウルサイと言う

お風呂やトイレで男性の介助を嫌がり、苦情を言う女性

勝手にしろと言いたい

食事を完食しておいて不味い、味が薄い、硬いと、言いたい放題である。

テッシュをやりたい放題で、パンツに中に入れたりポケットにすべて入れる

痴呆どうしの、ボケ喧嘩

塗り絵用紙をすべて取り込む

爪を切れ、耳を掃除しろ、髭を剃れ

髪をもっと乾かせ、きれいにセットしろ、

若い人たちが収めた介護保険を使ってる意識など全くない、買いj後されてると言う意識が無い、自分は他の利用者とは違うんだと言う、元先生や医者や経営者等歩く事さえままならないのに、特別扱いを要求する鼻持ちならない気位の高い要支援要介護者達

当然のようにサービスを要求する高齢者やケアマネージャ、利用者に媚びる相談員や施設運営者

これじゃ、遣り甲斐なんかありゃしない、せめて生活の糧を得るために作り笑顔で時間を潰す。

現場から遠くで建前を言う精神論だけで介護ができるかのようなエセ評論家や専門家を名乗る、経験者や有資格者

人手不足など当然の結果だろう。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.