ディサービス送迎車の危険週間

ディサービス送迎車の危険週間学校が春休みになると、住宅街を走り回り路地から左右を確認せずに飛びだ出してくる子供が多くなる、自転車に乗った子供は一時停止せずに路地から飛び出したりいきなり曲がってくる。

中には、通行中に車の側面によそ見をしながらぶつかってくる、住宅街は交通ルールの無法地帯である。

無法自転車のご婦人達のお子様なのか、交通ルール等無視、自分が中心の歩行に自転車走行である。

まるで引いてくれ、ぶつけてくれである。

ディケアの送迎車には急ブレーキは禁物である。

車椅子での乗車では、安定も悪く揺れやすい、ヘッドレストもんし場合が多い。

シートベルトで胸を圧迫したり骨折もある。

勿論このようなことがあれば、相手が子供であろうと訴える事案である。

できれば、時期に至らなくても、この無法キッズと無法ママさんをドライブレコーダで告発したいものである。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください