介護職について1年

介護職について1年ディサービスの送迎ドライバーに応募したら、適当に丸められ、週4日のフルタイムパートになってしまった、ニッパチ(昭和28年生まれ)叔父さんです。

当初は週3日で、社会保険にも加入せず適度にやってましたが、国民保険の高さに嫌気がさし、年金の減額と社会保険の支払い等を天秤にかけて、現在は週4日のフルタイムパートです。厚生年金をもらいながら当たらに加入、今度退職したら受給額が増額されます。

働き始めた頃は、一日たちっぱなしの仕事で、家に帰ると足がパンパンになって3日もするとグッタリでした。しかし慣れとは恐ろしいもので、現在は週4日も結句楽しんでます。

意地悪な高齢者や、粗暴、陰湿な高齢者を適当にあしらって楽しく過ごしてます。こんな方は、3割程度で、多くの人は介護に感謝の気持ちで接してくれます。3割の人は、介護士を家政婦や奴隷使用人程度にしか思っておらず、有れやれこれやれと自分では何もできないのに上から目線の方たちです。

同じことを何度も質問され、そのたびに同じ答えを繰り返す。一日に何度も塗り絵の用紙を要求する。

何も言わず手を挙げて呼びつける人、スタッフや施設の苦情を周りの人に言いふらす人、家族の悪口をひたすら話人

様々な人がいます。

施設は老健施設なので、機能回復が目的ですが、全く機能回復を目指す気のない人も多く、この人たちは、ディケアよりディサービスに行くべきだと思うニッパチ叔父さんです。

最近では、お花見に出かけました。福祉車両で石屋川公園御影公会堂を訪問し、今年は、開花が早く、葉桜となっていたので、王子公園近くを八重桜や御衣黄といった遅咲きの桜を巡ったりしました。

年に数回の利用者郷のお出かけも、また楽しいものです。日頃が外出が困難な人たちですから、非常にうれしそうな顔をされてこちらもうれしくあります。

これが遣り甲斐かもです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*