ゴミ収集日の送迎は辛い

ゴミ収集日の送迎は辛い燃えるゴミの日、荒ゴミの日等ゴミ収集日の送迎は大変である。

ディサービスの送迎は住宅街の中をはしりまわります。

神戸市内の住宅街は六甲山麓にへばり付くように住宅街が開発された細い道と曲がりくねった坂が多く有り、キャラバン福祉車両の運転は、大変、すれ違いは勿論ですが、ゴミ収集日には曲がり角が御ミス収集場所だったりすることが多く、大きな福祉車両ではゴミを踏みつけてしまうこともある。

運が悪いとゴミ収集者と鉢合わせで、作業が済むまで待たされることも。

狭い道での車同士のすれ違いで、困るのは女性ドライバーが自分の車の左側の余裕が分から無い人が多くすれ違え無い人や、やたら右に寄ってくる人が多い、

もっと怖い自転車で走り回るご婦人は脇道からいきなり飛び出してくる、全く一時停止も横を見る事なく遠売り抜けて行く、

大きな道路でも中央分離帯に荷物を持って車が途切れるのを待つ高齢者や女性、少し先には横断歩道があるのに、車列の間を抜けようとする。

まるで罰ゲームである。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*