高齢者の運転免許返納で認知症が進む?

高齢者の運転免許返納で認知症が進む?高齢者の自動車事故がニュースになり免許証の返納が謳われていますが、本当に高齢者の事故が多いのでしょうか?

確かにニュースでは取り上げられる件数は増えていますが、交通事故の多くはやはり75歳以下が多いのです。

寿命が伸び年々75歳以上の免許保有者が増えています、しかしその中の実際運転している人の事故率は20歳代前半と同じと言われています。

高齢者の事故の場合、他人を死傷させる事故が少ないことも分かっています。他人を死傷させる事故は、若い人の方が高いと言われます。特に煽り運転などの危険運転は、75歳未満です。高齢者の場合は自損事故の比率が高いのです。

また75歳以上の免許保有者が増える反面、若い人の免許取得率が低下しています。そのような中で事故の比率が変わらいという事は、若い人の事故率が高いと言えるのではないでしょうか

このように高齢者の事故発生率は、免許保有率から考えれば、決して高くないのです。冷静に考えればわかることを、高齢者の事故特に、ブレーキとアクセルの踏み間違いをセンセーショナルに取り上げるマスコミは、非情に上っ面だけの報道であることが言えます。ブレーキとアクセルの踏み間違いは、若い人手も起こっていますが、ニュースに取り上げていないだけです。

さも高齢者の運転が危険と報道され、免許返納が促進されています。

そんな中で、免許を返納した為に、外出が減り家に閉じこもる高齢者が増加、結果的に認知症になる人が増えています。

自動車の運転で手足を動かし、周りをよく見る行為は、認知症予防には効果的です。特に安全運転に気を配る行為は、認知症予防には不可欠です。

どうでしょう、免許返納が増えていますが、高齢者の事故は減ったのでしょうか?

運転しない人の免許書返納にどんな意味があるのですか?

免許取得率が低い若い人の事故率をなぜ見ないのですか?

煽り運転や危険運転はどの年代の人たちでしょうか?

高齢者の運転事故を語る時には、同時に交通事故全体の何%なのか正しく知らないと、間違った対応となりそのことによる犠牲者が増えます。

そして一番の運転ミスの事故低減には、繋がってこないのでしょう。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください