万が一のための口座分け

口座凍結

万が一のための口座分けもし自分に(夫に、親に)、もしものことがあったら

いた、生活費を負担している人が亡くなった場合、預金が引き出せなくなる場合があります。

銀行は死亡したら自動的に口座を凍結することは在りませんが、何かの手続きで口座の名義人の死亡を知ると勝手に口座を凍結します。

解除手続きには、故人のすべての戸籍謄本、遺産分割書、相続人全員の戸籍謄本や印鑑証明などが必要となります。

ここで問題になるのは、住宅ローンの口座と給与振り込みや年金振り込みの生活費管理口座が一緒だと大問題です。

ご存知の通り、住宅ローンで借主が死亡した場合銀行が掛けている生命保険によって、住宅ローンの残債が免除される制度を炉用しているケースがほとんどです。

しかし、この制度の為死亡を銀行の住宅ローン担当にに届ければ、住宅ローンの残債が免除されローンの支払いがなくなりますが、口座名義人の死亡が判明し口座が凍結されます。

そうすると、生活費の引き落としや現金の引き出しができなくなってしまいます。

住宅ローン銀行は給与振り込みなど生活用銀行とは別銀行に

このようなことを避けるためには、住宅ローン銀行口座と生活費銀行口座を分ける必要があります。同じ銀行では意味がありません。銀行そのものを別にする必要があります。

ただその場合、給与や年金など振り込まれる銀行から住宅ローンの銀行へ振り込む必要があり手数料が発生します。そのためには、生活口座銀行のポイント制度などで振り込み手数料が免除になる制度や、生活口座銀行と住宅ローン口座銀行の支店が徒歩圏内にあることで、現金引き出しと入金でこの手数料を省略することを考えましょう。

夫のキャッシュカードの暗証番号を確認しておく

クレジット、公共料金、携帯や保険等の引き落とし先を確認しておく

パソコンやウェーブサービスのIDやパスワードを確認しておく

最近はネットでの口座管理が増えて、ネットで送金や支払い解約も可能になっています。キャッシュカードのパスワードと別の場合が多いので確認して置くべきです。

放置すると、使用しないにもかかわらず費用が発生し続けるものが多数あります。

インターネット契約、電話契約、光回線契約、啓太電話契約

駐車場契約、プロバイダー契約、アプリ等の月額継続契約

レンタルサーバ費用、ドメイン名管理費、

各種会員サービス、
宝くじ等、会員制ジムやクラブetc
Amazon、WOWOW、Yahoo、Google、Microsoft等多数あり

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2件のコメント

  1. 岡野さん、確かに銀行はどこからか情報を仕入れて
    口座を凍結しますモンね!
    ローンはさすがにもうないですが、年金受取りとか
    引落としとか全て家の近くのSMBC六甲支店に集中
    しています。旧・神戸銀行時代からの付き合いでかれこれ
    50年近くの付き合いです。さすがになんかあったら
    まずいと思い、最近は先月桜口のMUFG東神戸支店へ
    口座をつくりに行きました。たいして残高はないですが!
    逆に愕然としました!!?妻の銀行口座とか証券取引、ファンド取引
    自宅不動産、クレジット、ネット取引、FX、ドメイン、
    プロバイダー、携帯とか全然分からないので、
    私は妻に何かあれば右往左往するでしょう!!

    1. おっしゃる通りです。
      私も妻の口座や保険等全く知りません。自分が欠けた保険や家族契約の携帯はわかってますが、独身時代からの口座など全く不明です。
      妻は郵便局はやめたようなので年金は三菱かな?
      銀行口座の凍結は、親が亡くなった時に苦労した事や職場の方から相談され改めて思った事です。
      特に相続問題は面倒ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください