介護の世界も新サービスに躍起

介護の世界も新サービスに躍起

福祉車両

4月から介護保険法の改定で、施設経営がさらに厳しくなっています。

高齢者も介護認定が厳しくなり泣いてる人が増えています。

認定が下がり、受けられる保険サービスが減ったため、引きこもり老人や徘徊老人が増えてきてます。

国が受け入れ先と謳う地域包括支援センターは、ほとんど機能せず。

施設では、1日型ディサービスに、1時間だけのリハビリコース、昼食付きやお風呂付きの半日コースなどさまざまなメニューを追加して生き残りを模索してます。

今後は、混合介護なるサービスも増えてくそうです。

混合介護とは、介護保険のサービスと保険外サービスのことで、医療で言う自由診療のことです。保険に無いサービスを実費で行うサービスで、ディサービスでありながらお泊まりや、洗濯、買い物、通院のサービス、特別な食事やおやつなど、さらに介護保険が使えないが最新の介護機器のレンタルや提供も可能になる制度です。ますます貧富の格差が際立ちます。

富める者はより良い介護が受けられ、

貧しき者は最低限の介護の時代がやってきます。

お陰で送迎も日に何度も走り回る忙しさに、

国は介護費用抑制、施設は利益追求、利用者不在に業界構図です

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.