主婦戦力を取り込めない医療や介護施設

主婦戦力を取り込めない医療や介護施設 

託児所付き気職場
託児所付き気職場が急務

介護施設の職員の多くは女性である、それも若い人は少なく、既婚の女性パートが圧倒的に多い。

女性パートの多くは子供の幼稚園や保育所の問題で、勤務日や勤務時間が制約を受ける。

勤務調整でパートp女性ともめている姿をよく見かけるが、初めからわかっている問題なのである。なにに何時もいつも揉める

夏休みや冬休み、学園行事で休んだり早く帰るなど地に場茶飯事なのである。当然野党側も理解しないといけない内容だが、相も変わらず文句を言う、文句を言う問題ではないはずなのに、子育て主婦に頼らない採用ができないのは、自身の問題だ。

もし彼女たちを学校行事や子育ての問題に悩まされず働いてもらいたければ、子供の問題を解決しなければ、抜本的な解決にはならない、

職員専用の保育所を作り、職員以外の余裕があれば、一般からも募集すればよいのだ、介護施設であれば、関連施設等で共同で実施すれば十分に運営が可能いなるだろうし、働く職場と保育施設・学童保育施設を巡回送迎してもいいだろう。

職員不足で悩む前に、施設側が応募されない状況を自覚し自ら解決策を取らなければいけない

もし職場と連携した保育や学童保育施設があれば、子供を預けて働きたい女性は多いはずである。この人たちを、すでに自前の保育所を持つライバルに人材を取られてしまっていて、ただただ応募が無いとぼやいても事は好転はしない

多くの子育て世代の女性は、子供を預ける施設と働く場所を一つの事として考えている、通勤途中の駅近保育所や学童保育は人気なのです。これが職近なら、多少遠くても応募に応じてくるだろう。

折角の資格を活かした仕事をしたくても、子供が預けられない看護師や介護福祉士、保育士は応募しきれないほど大勢いるのです。

現在の看護師や介護士が中高年ばかりなのは、子育てが終わった世代しか応募して来ないからである。自然と年齢も高く知識や技術も古いものになる。

したがってサービスも品質も知識も技術も時代遅れのサービスになっている。

しかし結婚出産で退職した若く新しい知識と技術を持った人たちを取り込めれば、他の時代遅れなライバルに差を付けられることは明白だろう。

子育て世代の女性の退職には、出産・子育てだけじゃなく夫の転勤、自宅の購入等も要因にある、せめて通勤できるのであれば自宅購入の転居でも単身赴任でも対応が可能な場合がある。

全てが、若い女性が辞めざるを得ない要因をどれだけ無くせるかである。考えているかより行動できてるかが大事で、何も自前の保育所や学童を持つ必要などない系列施設同士で賄うか同業者で連携するか、要は工夫である。

クリニックを備えた介護施設は最近よく見かけるようになった。入居すあも安心だろう、開業医にとっても便利である、提携するだけで場所や市場が手に入る中には患者の送迎が合わせて行われる場合もある。

医療と介護と保育が一体化すれば新しいサービスが生まれてくる。

確かに面倒である、大変である、だから何もしないのだろう

だから何も変わらない

中高年の古びた技術と知識の職員が大手を振る職場になってしまっているのだろう

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.