あと何年生きるの?

あと何年生きるの?老後破産の心配や年金の事を話していたら、ご高齢の施設利用者の方から問われた、貴方はいったいあと何年生きるつもり?

60歳定年で、再雇用するとか再就職する、年金支給まで5年もある、等心配事や愚痴を聞いていたご老人の問いかけである。

この方聞けば77歳だとか、この方施設に通っているのは、脳梗塞で右半身が不住になりリハビリをしている、歩く事もままならず、歩くのは家の中の移動が限度だ。

出かけるには奥様やお子さんの会夜が必要で、簡単には出かけられない、当然好きなものを食べることさえできないでいる。

今方は、今元気だったら、今やるべきことがあるとも言う

日本の65歳の平気余命は、約19年らしい、ただしこの年まで元気とは限ら無い、それにあくまで日本人の平均である、もっと長生きもいるが、そんなに長くない人も多いのです。

最近では70歳年金支給など恐ろしい話も出ている、70歳なら、余命は14年だ。

14年間の蓄えでよい事になる、多くの部分は年金で賄える、はたして余命のうち何年間が元気でいられるのか?

つまり老後資金は、元気で楽しめる時期の資金であるべきです。

寝たきりや、外出できないくらい足腰がダメになれば、お金がいくらあっても使えない、介護施設の料金や医療費だろう。

本当にあと何年元気でいられるのか?

元気でいられる期間にいくら使えるかが、重要なのだと言う。

どうだろう、元気なうちに老後のためのお金を浸かっては如何ですか?

子供に残す?

孫に残す?

何時残すんですか?

子供に孫に使うなら、今使いう方が、喜ぶ顔が見れますよ、損だ跡残しても喜ぶ顔が見れるわけではない、子供兄弟が揉める姿があるかもしれない

それなら口出しできる今のうちに譲ってはどうですか?

定年後に何がしたいですか、働いていたいのですか、

なんのために働きますか

これからは、自分が楽しむために生きてはどうですか

働くなら無理せずに、楽しめる仕事を

僅かな給与でも貰ったら、押しいものを食べましょう

ちょっと遠くへ出かけてみましょうよ

行ってみたいところは無いのですか?

食べてみたいものはないですか?

経験したいことはないのですか?

自分の葬式代があれば迷惑はかけません、

一体いくつまで生きるつもりですか?

この問いが妙に気にかかりました。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.