6月に出会った危険なドライバーと歩行者

6月に出会った危険なドライバーと歩行者灘区の東明から鶴甲から六甲山へ向かう県道95号の徳井から高羽までの道路では、分離帯の植え込みや信号のない交差点近くの受けこみに歩行者が隠れています。近ずく車を気にせず渡り始めます。

高羽交差点は非常に危険で、特に南側交差点は事故多発地点です。多くの車が車線を割り出して止まっています。北側交差点の西行では南から西へ抜ける車の一時停止違反を取り締まってます。

高は交差点の南側の阪急高架の東側には信号無視取り締まりのパトカーが隠れてることが多いです。

JR高架のわき道には、反対車線に飛び出して右折待ちするバカドライバーが多いです。特に女性ドライバーに注意

弓木4丁目交差点の南北の右折は、矢印信号で右折可まで停止線で待つこと頻繁に信号無私の取り締まり有。

県道95号線に交わる側道には、狭い道が多いですが、すれ違いのは問題ないですが周辺に住む主婦ドライバーは、自分の車の幅が解らず自車の左側を大きく開け車道の真ん中を走りすれ違いを妨害するドライバーが多くいます。

またコープやクリーニングの配送車が、団地の入り口やマンションや施設の出入り口付近に平気で駐車しています。100%業務で違反してます。

また保育所近くのマンションや施設入口近くや横断歩道やカーブミラー下に平然と駐車する保護者が大勢います。平気で少しの時間だからと正当化してます。交差点や駐車場入り口周辺5mは駐停車禁止です

モラル無き身勝手な親たちは、子供のためだと責任転嫁し駐車違反の常習者です。

国道43号線の新在家交差点で横断歩道のない陸橋側の下を老夫婦うが平然と歩いて渡っています。またモラルなき男女が信号が赤でも巣亜列が切れると渡り始めます。外国人も多々見られます。

16系統36系統の神戸市バスの中には、福祉車両をライトでパッシング、クラクションで煽るドライバーが数名います。

JR六甲道駅南側ロータリーの党座右の道路は違法駐車が左右を占拠し、通行が非常に危険です。取り締まりもなく無法状態です。

東灘区の剣交差点から東西の道路では自転車専用車線が設けられていますが、駐車車両が多く危険です。また信号のない交差点では歩行者も自転車も平気で飛び出します。

本山中町4南交差点では、歩行者が横断歩道を渡らず交差点の中を平然と歩きます。特に南からの左折時は要注意(元山駅南も同様)

山手幹線の岡本交差点の南からの左折は歩行者が多く歩行者が途切れないまま赤に変わる事あり

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2件のコメント

  1. 新在家交差点の歩道橋下を歩行者がゆうぜんと
    歩いているのには肝をつぶします。外国人が多いのは
    ラ・ムーの近くに外国人専用ハウス(学生寮)があるから?
    JR六甲道駅南、ダイエー前の道路は駐車禁止の取締りを
    やっているのを見たことがない!駐車車両ですれ違いが
    危険!一旦停止違反をよく影に隠れて摘発していますが
    それより、駐禁止違反の車を何とかして欲しい!

    1. 警察は隠れて取り締まることしかしませんね、公然と違反している側をパトカーが通り過ぎたり警官がバイク通り過ぎる
      道路の両サイドの違法駐車で車の間から人が出てくる、犠牲者が出て初めて警察が口を出す。
      本当にやる気があるんでしょうか、それとも意図的なんでしょうか
      只、事故防止や防犯には役立ってないですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください