左腕が焼ける

左腕が焼けるこの季節の送迎は、日差しが強く半袖の職場のユニフォームでは右腕が焼けて痛いほどである。

施設内はエアコンが適度に効いている、温度に鈍感な高齢者もさすがに暑いと言う人もふえてきた。

しかし送迎時は、右腕に直射日光があたりひりひりとする、車内での日焼けは結構堪えるもので、エアコンで乾燥した社内で日焼けするとあまり健康的な焼け方ではない。

最低でも朝夕それぞれ1時間、多い時には午前の送迎、午後の送迎と4~5時間も運転をする。乗降時には車を出て乗降の介助をするために外に出る、結構日に当たるのです。

添乗する介護士さんが長袖のラッシュガードを着ているのは納得である。

そこでSankiブルメールHAT神戸店に行ってきました。

私はウィンドブレーカを代用していましたが、遂にラッシュガードを購入しました。


ついでに安物の変更グラスも購入、西日が眩しい季節になり夕方の送迎は危険です。


 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください