介護施設の送迎に走り回る日々

介護施設の送迎に走り回る日々

パート契約の始業時間は8:45分からなのに、なぜか8:30分に朝礼があり送迎車両の担当が伝えられます、早い時は週2回程度 8:45前に施設を出発します。終業時間前に送迎の為に出発です。実質15分のサービス残業労基法違反です。

8:40:~9:45
朝の送迎で、8時40分に出発、最初の利用者は20分走ったマンションで遠くです。ここから施設に向かって利用者を迎えながら帰ります。走る間隔は10分や5分程度で車椅子の方の乗車にはリフト操作で5分から10分、杖や歩行器の方等マンションの部屋までの迎えで5分、自立歩行の方は、数分で終わります。施設に到着は、1時間後です。車椅子や乗降介助が必要な人がいる場合は介護士の添乗者がいます。

施設到着後は、利用者様を下車誘導しディのフロアーまで誘導、車椅子の方をリフトで降ろし、杖や歩行器の方の降車を介助し皆様の手荷物をフロアーに運び、最後に送迎車の駐車と点検

フロアーに戻り利用者に、お茶出しや帽子や上着を預かります。

10:15~10:45
その後午前中にリハビリに来るだけの利用者様に迎え時間の連絡をして、帰ってから30分後には再度短時間利用者様を迎えに走ります。短j間の場合基本的に添乗は無く一人で運転と乗降介助します。この時の時間は約30分

10:45~12:00 見守り業務等

12:00~12:20
施設に到着後1時間dえリハビリが終わると、今度は送りの為に出発、30分後施設に帰り

12:20~13:00
この間に配膳と下膳等や口腔ケア誘導を行う、時には、この時間に、午後のリハビリだけの利用者の送迎があります。

13:00~13:45
午前半日利用者の送りで45分、乗降介助必要時には介護士の方の添乗あり

13:45~14:45
やっと自分の昼食である

時には、14:30に昼食休憩を中断し午後のリハビリだけの利用者の送迎が入ります。この時は1時間の休憩が取れません、この辺もサービス残業労基法違反です。

15:00~16:00
おやつの準備、コーヒーや紅茶の準備、おやつの配膳

おやつご介護士さんがレクレーションを行ってる間に、送迎準備で荷物を複数の送迎者ごとに分け確認

16:00~17:00
夕方の送迎、基本亭には施設に近い順番から遠方へと走ります。朝と同じで乗降介助が必要な方がいる場合は、介護士さんが添乗します。

見守り業務、送迎運転以外の業務
送迎のない時間は、ディフロアーで利用者さんの見守りを行います。お茶出しやトイレ移動介助、特定の人のトイレ介助もあります。車いすの方が普通の椅子の乗り換える場合の介助、ベッドに横になる場合の介助などもあります。

多くは、塗り絵や間違い探し、クイズなどのプリントの配布や手伝い、水分摂取のためのお茶やポカリの提供、使用したコップの洗浄などが運転以外の仕事です。

結構忙しいですが、たまに利用者が休んだり、曜日によって送迎がなくなる場合があります。その時は基本見守り業務です。

殆ど座ることのないんで、お昼休みにやっと座る事が出居ます。また運転中が座れますが気を抜けません。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください