地元で働くと出会う人々

地元で働くと出会う人々神戸市灘区が今の地元である。

 

仕事で夕の介護施設の送り時に学校帰りの孫と出会う。朝は既に投稿時間は過ぎているので子供達とは出会うことはない、そのかわり、他の曜日の利用者に出会ったり同じマンションの住人や以前の職場の知り合いに出会ったりします。

灘浜ガーデンバーデンで馴染みになったプール仲間、自転車保管所の元同僚等、みんなシニアですが時折見かけますね。

時折買い物の途中の奥方も見かけて合図をするも気付かれず、見かけた孫に合図をすると最初は不審そうで気がつくと笑顔で手を振ってくれる。

ジイジイがユニフォーム姿でキャラバンを運転する姿に驚いている。

自分の知り合いだけではなく、添乗してる介護士さんの旦那と会ったり、休みのパートさんを見かけたり見られたりと、地元ならではの光景がある。

朝夕以外にもお昼前後にもリハビリだけの利用者の送迎も出るのでいろんな時間帯で、中央区との東端から灘区、東灘区を走り回る。

送迎時に系列の施設の送迎車とも出会い何度か出会うと自然に会釈をする。

話した事もない他の施設の人達だがこれも、何かに縁である。系列施設は、同エリアに後2箇所、ほぼ毎日ニアミスがあり月に数度は、乗降中に出会う事もある。

自分が休みの時に、クラクションを鳴らされたり、声をかけられたり後日見かけたと言われたりでと油断ができない、悪い事ができません。当然そんなことしませんよ

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください