年金貰っていても働く理由(パートでも社会保険に入る)

年金手帳

年金貰っていても働く理由(パートでも社会保険に入る)退職後はしばらくのんびりとする、これはみな同じだと思う、同年代の知人もみんなそうだった。
退職に伴う様々な手続きがあって時間も潰せます。

主な退職後の手続きは

  • 雇用保険(失業手当)の手続き
  • 年金請求の手続き
  • 企業年金や個人年金の受け取り手続き
  • 健康保険の手続き

失業給付は、約5か月支給されるので半年近くは、毎月求職活動をするためにワークに通います。

失業給付が終了する前に、失業給付が終了した後に年金生活か働くか真剣に考えるころです。

健康保険は多くの人が任意継続します、理由は国民健康保険が前年の収入をもとに掛け金が決められるので非常に高額になるためです。任意継続は2年間認められますので、国民健康保険の掛け金と任意継続の掛け金の差額で判断すればよいでしょう、任意継続の場合、退職直前の健康保険の2倍が支払額になります。一旦国民健康保険に切り替えると任意継続はできませんが、2年目に前年の収入が無ければ国民健康保険は、低額になります。

様々な手続きが終わり、年金の支給も始まると毎日サンデーを楽しむことができますが、年金の額の大小によって経済的な問題がでてきます。家賃やローン残があって生活費が足りなければ、働かざるを得なくなります。

現役時代に多額の収入が有って十分な厚生年金や企業年金を受け取る場合は、働く理由は、たんなる時間つぶしとなります。社会貢献や生きがいでは、さほど働く場所は在りません。恵まれた方の多くは趣味にはしっています。

私のように経済的な理由で働かざるを得ない人は、ハローワークで職探しや求人誌で仕事を探すか、シルバー人材で小銭を稼ぐことになります。

ただシルバー人材センターの就業率は非常位低くまともな仕事も少ないです。またシルバー人材センターの収入は給与ではない為に源泉徴収もなく雇用保険もありません。怪我も病気も自己責任で国民健康保険が便りです。

正社員で就職するなら雇用保険や社会保険が加入できますが、せっかくの定年後なので自由時間を大切にしたいとパートを選ぶと、社会保険加入が一つの壁になります。

2108年現在では、週20時間の就業88、000円/月を超えると社会保険に加入しなければならない(従業員500名以上の事業所)等

問題は社会保険の加入すると給与から天引きされる金額との天秤が気になりますが、健康保険は事業所が半額負担なので、国民健康保険よりはるかに得です。また70歳までは雇用保険にも加入できるのでパートを辞めたら失業給付が受けられます。さらに厚生年金に加入するために、退職後に厚生年金の受給額がわずかに増えます。これらを考えれば、週3日と週4日が境になります。時給によりますが10万/月を超えるなら社会保険加入が特に思えます。

時給950×6時間×12日=68,400、16日=91、500円

時給950×8時間×12日=91,200、16日=121、600円

これで週休3日でのんびりと仕事ができます。短時間で日数を稼ぐより働くならフルタイムで休みは連続でがシニアの体には優しいと思います。

厚生年金は増えると言っても微々たる金額なのであまり期待してはいけません。5年働いても数千円から数万円/年です。

年収の12分の1×5.769/1000×加入期間(スライドは考慮せず)

120,000×0.00579×12=8,337/年

5年働くと41,688/年

昇給があればさらに増えます

やはり健康保険が一番大きいです。歳を取れば医療費が増えます。協会健保なら国民健康保険等自治体の健康診断よりは多くの項目を無料で検査できます。

特に厚生年金の加入期間が無かったり国民年金しかない場合、パートで加入すれば自分の厚生年金の受給を増やすことができます。60歳前なら国民年金部分も増やせます。これは大きいです。

特に主婦パートの方は、収入制限年間105万の壁とか言って収入制限をす多くいますが、よく考えてください、

社会保険を払うと収入が減ると言われますが、しかしこれは、夫の扶養者ではなく、自部自身の健康保険になります。

健康保険に本人加入なら毎年の定期健康診断は、社員と同じ検査項目を受けられます。

費用も半分は事業所が払ってくれ本人負担は半額です。本人です。厚生年金も夫の扶養であれば、国民年金部分しか賄えていませんが、自分の厚生年金になります。

よく熟年離婚で夫の年金の半額が自分のものになると言われますが、夫が貰ってる年金の半額ではないのです。厚生年金の比例報酬部分だけです、そしてその半分ではなく、夫が年金をかけた年数のうち結婚していた年数の半分になります。

厚生年金15万+老齢年金5万なら15万のうち結婚期間で案分します。

厚生年金加入期間が40年婚姻期間が30年なら15万÷30/40÷26,250円

これに自分の国民年金です、満額でも64,000程度です。合計でも10万に及びません。やはり自分の厚生年金があればこのリスクを避けられるのです。

ものは考え物で、パート代が入って年金も増えて自分の健康保険が持てる、雇用保険もあれば当然パートを辞めた時に失業給付も受けられます。

逆に夫の扶養に入り本人ではないため健康診断も本人以下の項目で国民年金しかもらえない老後を目指す意味などどこにもない気がしませんか?

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください