年金を貰う年齢まで生きられない時代になる

年金を貰う年齢まで生きられない時代になる勧められた政治家は結局何もしてくれず、自分の首を絞めただけ

平均寿命が80歳、最長100歳まで、でもこれって半分以下ですよね?

皆さんがここまで長寿だと言う訳じゃないです

サラリーマン時代に、国政、地方の区別なく政治家が職場に選挙活動でやってきて支援を呼びかける、会社の業種に関する委員会所属とか言って会社も投票を要請する。

多くのサラリーマンは、自分の勤める会社の為になる、業績の為とか信じて家族や友人にも支援を求め自ら投票するが、本当にその政治家の活動が自分たちの生活を良くした実感など無いはずであろう。

当せんした政治家は、当選すればあとは政治家として自己保身と私利私欲で行動します。

支援企業・団体の個々の社員の生活など考えもしません。

所得税が上がり社会保障負担も増える、物価も上がる、人件費は思うように増えず昇給以上に控除が増える。

将来の年金が年々減っている事にも気が付かず、支払額だけが増え受け取る年金が減っている事すら知らない。

もっと哀れなのは、会社に言われ、政治家が約束したことを信じ選んだ政治家が、私たちの首を絞めている事に気が付かないことです。

気が付いていても、政治家の言葉と現実の乖離から目をそらす哀れさである。

いわゆる、自民党は善、野党は悪といった固定観念も高齢者と若者に多い

68歳年金支給と70歳まで繰り下げの官僚と政治家の謀略が現実味をおびている。この政策は、年金支払いの先延ばしと、受給前に死亡することによる受給者数の減少を期待する政治家と官僚の謀略であろう。

会社員の哀れさは、定年後の生活への無関心さと楽観であろう。

退職金がある?

企業年金がある?

個人年金もやってる?

さて、あなたが定年のときには、制度はどうかわっているでしょう?

定年は何歳ですか、雇用延長は?

雇用延長は収入が減りますよ、何年再雇用されますか?

68歳で健康ですか

70歳以降に何年いきるともりですか?

もしかすると、年金受給まで生きられない時代は、すぐ傍まで迫っているのではないですか?

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください